トップページ美容・理容系の資格 ≫ 美容師



■■ 美容師 ■■

美容師国家試験を受験するためには、厚生労働大臣が指定する美容師養成施設を卒業する必要があります。

試験は厚生労働大臣が指定した(財)理容師美容師試験研修センターが実施し、美容師名簿への登録は、試験合格者からの免許申請に基づき行われます。
独立開業には向いている資格ですが、独立するまでにはかなりの修行期間が必要で、新規開業にかなりの資金が必要なことが難点です。





■ 受験資格

美容師養成施設で、次の課程を修了した人
《平成10年4月1日以降に入学した人》
・昼間課程 2年以上
・夜間課程 2年以上
・通信課程 3年以上

美容師養成施設で、次の課程を修了した後、1年以上の実地習練を経た人
《平成10年3月31日以前に入学した人》
・昼間課程 1年以上
・夜間課程 1年4ヵ月以上
・通信課程 2年以上

平成14年3月31日までに1年以上の実地習練が終了していない人については、受験資格はありません。

【試験の免除】
・「実技試験及び筆記試験」の両方を受験した人のうち、筆記試験のみに合格した人は、その申請により、次回の試験に限り、筆記試験の受験を免除されます。
・「実技試験及び筆記試験」の両方を受験した人のうち、実技試験のみに合格した人は、その申請により、次回の試験に限り、実技試験の受験を免除されます。

■ 資格試験の内容

【実技試験】
(1)美容の基礎的技術
・第一課題:カッティング
・第二課題:オールウェーブセッティング
(2)衛生上の取り扱い
身体・用具類の衛生状態及び衛生上の取り扱い

【筆記試験】
試験科目:関係法規・制度、衛生管理(公衆衛生・環境衛生、感染症、衛星管理技術)
     美容保険(人体の構造及び機能、皮膚科学)、美容の物理・科学、美容理論

■ 資格合格率

■ 資格試験日

【実技試験】
平成27年2月1日から実施

【筆記試験】
平成27年3月1日 午後0時50分集合
(終了予定時刻は午後3時)

■ 受験料

実技試験及び筆記試験の両方を受験する場合:  25000円
試験の一部免除により実技試験のみ受験する場合:12500円
試験の一部免除により筆記試験のみ受験する場合:12500円

■ 試験実施会場

【実技試験】
滋賀県を除く46都道府県

【筆記試験】
北海道、岩手県、宮城県、埼玉県、東京都、神奈川県、石川県、愛知県、大阪府、兵庫県、広島県、愛媛県、福岡県、鹿児島県、沖縄県の15都道府県

■ 合格ライン・合格発表

【合格発表】
平成27年3月31日午前9時

【発表の方法】
合格者の受験番号を理容師美容師試験センター及び厚生労働省に掲示。
また、センターのHPで受験番号を入力することにより合否を確認できる。

【試験結果の送付】
受験申込者全員に合格発表の日に試験結果通知を発送。

■ 受験対策



■ 問い合わせ先

〒135-8507
東京都江東区有明3-7-26
公益財団法人 理容師美容師試験研修センター






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP