トップページ自動車系の資格 ≫ 自転車技士



■■ 自転車技士 ■■

自転車技士は、公益財団法人日本交通管理技術協会が実施する「自転車技士技能検定」に合格した者で、自転車の点検整備と安全利用の指導について専門的な技能をもっており、自転車安全整備制度推進の中心的な役割を果たす人です。なお、自転車技士技能検定の合格者には、自転車技士番号が入った「自転車技士之証」が交付されます。

試験は、学科・実技・面接の3科目があり、「学科試験」では、自転車の構造及び性能に関する知識、自転車の点検整備に関する知識、自転車の安全利用の指導に関する知識が問われます。「実技試験」では、自転車の点検及び整備の技術が問われ、また、「面接試験」では、自転車の安全利用に関する指導の能力が問われます。





■ 受験資格

(1) 自転車技士
18歳以上(平成8年8月末日以前に生まれた者)
自転車の組立、検査及び整備に関し、2年以上の実務経験。

■ 資格試験の内容

・実技試験
・自転車技士学科試験
・面接試験

■ 資格試験日

8月

■ 受験料

19440円

■ 試験実施会場

北海道・埼玉県・千葉県・大阪府・東京都・宮城県・愛知県・滋賀県・広島県・茨城県・香川県・福岡県

■ 受験対策



■ 問い合わせ先

(公財)日本交通管理技術協会 業務課
〒162-0843
東京都新宿区市谷田町2−6  エアマンズビル市ヶ谷
電話 03−3260−3621






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP