トップページ電気・家電系の資格 ≫ 電気工事士



■■ 電気工事士 ■■

ビル、工場、商店、一般住宅などの電気設備の安全を守るために工事の内容によって、一定の資格のある人でなければ、電気工事を行ってはならないことが、法令で決められています。
その資格のある人を電気工事士といいます。

電気工事士の資格には、免状の種類により第一種電気工事士と第二種電気工事士があり第一種電気工事士にあっては一般用電気工作物及び自家用電気工作物(最大電力500キロワット未満の需要設備に限る)の、第二種電気工事士にあっては一般用電気工作物の作業に従事することができます。





■ 受験資格

受験資格は特に設けられていません。

■ 資格試験の内容

【第一種】
筆記試験
・電気に関する基礎論理
・配電理論及び配線設計
・電気応用
・電気機器、蓄電池、配線器具、電気工事用の材料及び工具並びに受電設備
・電気工事の施工方法
・自家用電気工作物の検査方法
・配線図
・発電施設、送電施設及び変電施設の基礎的な構造及び特性
・一般用電気工作物及び自家用電気工作物の保安に関する法令

技能試験
・配線の接続
・配線工事
・電気機器、蓄電池及び配線器具の設置
・電気機器、蓄電池、配線器具並びに電気工事用の材料及び工具の使用方法
・コード及びキャブタイヤケーブルの取付け
・接地工事
・電流、電圧、電力及び電気抵抗の測定
・自家用電気工作物の検査
・自家用電気工作物の操作及び故障箇所の修理

【第二種】
筆記試験
・電気に関する基礎理論
・配電理論及び配線設計
・電気機器、配線器具並びに電気工事用の材料及び工具
・一般用電気工作物の検査方法
・配線図
・一般用電気工作物の保安に関する法令

技能試験
・電線の接続
・配線工事
・電気機器及び配線器具の設置
・電気機器、配線器具並びに電気工事用の材料及び工具の使用方法
・コード及びキャブタイヤケーブルの取付け
・接地工事
・電流、電圧、電力及び電気抵抗の測定
・一般用電気工作物の検査
・一般用電気工作物の故障箇所の修理

■ 資格合格率

第一種筆記試験…約41%
第一種技能試験…約67%
第二種筆記試験…約64%
第二種技能試験…約46%

■ 資格試験日

【第一種】 筆記試験:10月
技能試験:12月 【第二種】 筆記試験:上期6月、下期7月
技能試験:上期10月、下期12月

■ 受験料

【第一種】11300円(Web申し込み10900円)
【第二種】9600円(Web申し込み9300円)

■ 試験実施会場

【第一種】札幌市・仙台市・新潟市・埼玉県・東京都・愛知県・石川県・大阪府・広島市・高松市・福岡県・沖縄県
【第二種】各都道府県(地区によっては上期・下期のいずれか1度しか行われない場合がありますのでご注意ください。)

■ 合格ライン・合格発表

■ 受験対策

■ 問い合わせ先

一般財団法人 電気技術者試験センター
電話03-3552-7691






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP