トップページ建築・土木系の資格 ≫ 2級電気工事施工管理技士



■■ 2級電気工事施工管理技士 ■■

電気工事施工管理技術検定試験は、建設業法に基づき、電気工事に従事する施工管理技術者の技術の向上を図ることを目的として、建設業法第27条の2に基づく指定試験機関である一般財団法人建設業振興基金が実施するものです。

2級電気工事施工管理技術検定試験に合格すると、所定の手続きによって国土交通大臣から技術検定合格証明書が交付され、2級電気工事施工管理技士の称号を称することができます。

また、この2級電気工事施工管理技士については、建設業法に定められた営業所ごとに置く専任の技術者、工事現場に置く主任技術者となる資格要件の一つに認められています。





■ 受験資格

【学科試験のみ受験の場合】
卒業見込者
「高等学校」指定学科を平成26年3月迄に卒業見込の者
「短期大学」もしくは「5年制高等専門学校」指定学科を平成26年3月迄に卒業見込の者
「大学」指定学科を平成26年3月迄に卒業見込の者
卒業者 「高等学校」指定学科を卒業後3年以内の者
(平成23年3月以降卒業の者)
「短期大学」もしくは「5年制高等専門学校」指定学科を卒業後2年以内の者
(平成24年3月以降卒業の者)
「大学」指定学科を卒業後1年以内の者
(平成25年3月以降卒業の者)

【学科・実地試験受験の場合】
区分 最終学歴 実務経験年数
指定学科卒業 指定学科以外卒業
大学 卒業後1年以上 卒業後1年6ヶ月以上
短期大学・5年制高等専門学校 卒業後2年以上 卒業後3年以上
高等学校 卒業後3年以上 卒業後4年6ヶ月以上
その他(最終学歴を問わず) 8年以上
電気事業法による第一種、第二種または第三種電気主任技術者免状の交付を受けた者 1年以上
(交付後ではなく、通算の実務経験年数として)
電気工事士法による第一種電気工事士免状の交付を受けた者 実務経験年数は問いません
電気工事士法による第二種電気工事士免状の交付を受けた者(旧・電気工事士を含む) 1年以上
(交付後ではなく、通算の実務経験年数として)
※実務経験年数は平成25年7月末日現在で計算してください。

■ 資格試験の内容

@ 学科試験は択一式で、解答はマークシート方式です。
A 実地試験は施工管理法について、記述式による筆記試験を行います。
B 建設業法施行令に基づく試験の科目及び基準は、次のとおりです。
試験区分 試験科目 試験基準
学科試験 電気工学等 1.電気工事の施工に必要な電気工学、土木工学、機械工学及び建築学に関する概略の知識を有すること。
2.電気設備に関する概略の知識を有すること。
3.設計図書を正確に読み取るための知識を有すること。
施工管理法 電気工事の施工計画の作成方法及び工程管理、品質管理、安全管理等、工事の施工の管理方法に関する概略の知識を有すること。
法  規 建設工事の施工に必要な法令に関する概略の知識を有すること。
実地試験 施工管理法 設計図書で要求される電気設備の性能を確保するために設計図書を正確に理解し、電気設備の施工図を適正に作成し、及び必要な機材の選定、配置等を適切に行うことができる一応の応用能力を有すること。

■ 資格合格率

■ 資格試験日

11月

■ 受験料

学科試験のみ:5,900円 <消費税非課税>
学科・実地試験:11,800円 <消費税非課税>

■ 試験実施会場

札幌・青森・仙台・東京・新潟・金沢・名古屋・大阪・広島・高松・福岡・鹿児島・沖縄

■ 合格ライン・合格発表

■ 受験対策

■ 問い合わせ先

一般財団法人 建設業振興基金 試験研修本部
〒105-0001
東京都港区虎ノ門4-2-12 虎ノ門4丁目MTビル2号館6階






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP