トップページ食品・フード系の資格 ≫ 中国茶インストラクター



■■ 中国茶インストラクター ■■

中国茶インストラクター認定試験は、日本における中国茶の普及を目的に「日本中国茶普及協会」が主催して実施しています。

中国茶の正しい知識を身につけその美味しさ・楽しさを一人でも多くの方々に伝えることの一翼を担い、中国茶の日本における普及に尽力していただける方に取得してもらいたい資格です。





■ 受験資格

1.初級インストラクター:中国茶の基礎的な知識を習得し、その美味しさ・楽しさを理解し中国茶の普及活動並びに初歩的な指導が出来る資格です。
受験資格:本会の認定講習を受講した方又は同程度の実力を有すると本会より判断された方

2.上級インストラクター:初級課程を十分にマスターし、身につけた高度な中国茶についての知識により、中国茶の基礎知識を学習しようとする人たちや初級インストラクターを目指す人達の為に必要な知識を教授し、実技を教習できる資格です。
受験資格:中国茶に携わる実務経験3年以上又は同程度の実力があると判断された方

3.高級インストラクター:上級課程を十分にマスターし、中国茶についての高度な知識と経験を持つ方で、上級インストラクターを目指す方のために、必要な知識と実技を教習できる資格です。
中国茶普及の実績を有し、中国茶普及活動を実践されている指導者として協会で認定されます。
受験資格:中国茶に携わる実務経験10年以上又は同程度の実力があると判断された方

■ 資格試験の内容

【初級インストラクター資格認定試験】 試験方法:筆記、小論文、茶藝インストラクション実技 出題範囲:配布テキスト内より 筆記試験:配点100点 小論文:1,200〜2,000字・原稿用紙3〜5枚程度(配点100点) 実技試験:当日受験者毎に学習した茶藝の中から1種指定、20分程度で披露(配点100点)道具は試験会場に用意してあるものを使用

■ 資格合格率

■ 資格試験日

9月

■ 受験料

【初級インストラクター資格認定試験】 受験料:10,000円 認定料:10,000円

■ 試験実施会場

横浜市

■ 合格ライン・合格発表

【初級インストラクター資格認定試験】 筆記試験が80点以上且つ3科目合計で240点以上(300点満点)

■ 受験対策

ヒューマンアカデミー フード講座

■ 問い合わせ先

日本中国茶普及協会






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP