トップページ食品・フード系の資格 ≫ フードアナリスト



■■ フードアナリスト ■■

フードアナリストの資格は、飲食店の商品やサービス改善のための調査を行うミステリーショッパー調査員、食の専門家としてモニター利用したサンプリング商品のアンケート提出、さらに消費者の立場からメーカーに対して行う商品開発業務や座談会参加、販売プロモーションのアドバイザーなどです。

フードアナリストの資格検定試験は、日本フードアナリスト協会が主催して実施しています。





■ 受験資格

18歳以上の方 ※20歳未満の方は、親権者の承諾が必要です。
初めて受験される方は4級から受験となります。

■ 資格試験の内容

4択式選択問題 4級50問 教本・問題集・カリキュラムに準拠

【4級】
・フードアナリスト序章
      (フードアナリストとは)食の情報のプロ・尊名敬食
      (フードアナリストとミステリーショッパー)ミステリーショッパーとは
      (インターネットとフードアナリスト)インターネットの台頭
      (取材と文章のルール)フードアナリスト行動規範・文章を書くときのルール
      (フードアナリストと食の安全性)食の安全を左右する食環境・放射能と食の安全
      食の安全に関する法律
      (格付けの考え方)格付けの歴史・世界の代表的な格付け機関
      レストラン飲食店の格付け機関・格付け定義
      (フードアナリスト倫理規定)
・食空間コミュニケーション
      (食空間の会話)日本語の正しい使い方・英語
      (食空間の単語)食品・飲料・その他
・食空間の知識と教養
      (料理の種類)日本料理・西洋料理・中国料理・その他の国の料理
      (食品)植物性食品・動物性食品
      (飲料)アルコール・ソフトドリンク
      (食の知識)食の名言・格言・文学と料理・食材になる植物と花言葉・日本の伝統食文化
・菓子・パン
      (洋菓子)洋菓子の分類・種類・日本の菓子の歴史
      (パン)パンの種類・パンの歴史
・サービスとテーブルマナー
      (サービスとホスピタリティ)ホスピタリティ・サービス
      (テーブルマナー)基本的なテーブルマナー・プロトコールとエチケット
      各国のテーブルマナー
・食空間の演出
      (テーブルデザイン)テーブルデザインの基本・料理と器
      テーブルセッティングとカトラリー・テーブルマナーの歴史
      (インテリア)食空間とインテリア・インテリアによる演出・ガラスの歴史

■ 資格合格率

2級:予測合格率 50%
4級:予測合格率 60%

■ 資格試験日

受験会場により異なる場合があります。
2月,5月,9月,11月

■ 受験料

7,350円

■ 試験実施会場

東京・大阪・札幌・仙台・名古屋・広島・福岡

■ 合格ライン・合格発表

正答率70%以上で合格。

■ 受験対策

ヒューマンアカデミー フード講座

■ 問い合わせ先

一般社団法人 日本フードアナリスト協会
TEL: 0120 -650-519






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP