トップページ食品・フード系の資格 ≫ 北海道フードマイスター検定



■■ 北海道フードマイスター検定 ■■

北海道フードマイスター検定とは、北海道で収穫・生産される食材についての正しい知識を身につけ、自らの食生活に生かしつつ、健康や食文化に至るまで理解を深め、「北海道の食材」を広く伝えてもらうことを目的として札幌商工会議所が実施している検定試験です。

北海道フードマイスター検定に、合格した人は「北海道フードマイスター」として認定されます。

食材と併せて北海道の第一次産業の歴史や食材の栄養についても総合的に学び、「地産地消」「食育」そして観光客へのおもてなしの向上や各産業の協業による北海道食材の価値向上にも一役買う人材の育成を目指しています。





■ 受験資格

特にありません。
札幌でセミナーも開かれていますが、試験のみ受験も可能です。

■ 資格試験の内容

・北海道の食糧生産事情
  農業、水産業、畜産業の歴史と現状・課題
・北海道の食材
  《種類》
  野菜、果実、藻類、魚介類、穀類、豆類、肉・卵・乳製品、きのこ、山菜
  《内容》
  品種、生産地、原産国、栽培、収穫時期、収穫量、栄養素、保存方法ほか
・食品の成分と栄養
  食に含まれる成分と栄養素全般

■ 資格合格率

セミナー参加者の合格率は約67%

■ 資格試験日

10月

■ 受験料

受験料:5,250円
受講料(札幌市内での講習):(一般)25,200円、(札商会員)21,000円、(学生)18,900円 (何れも税込)

■ 試験実施会場

札幌市内、帯広市内、東京都内、網走市内

■ 合格ライン・合格発表

■ 受験対策

ヒューマンアカデミー フード講座

■ 問い合わせ先

札幌商工会議所
〒060-8610
北海道札幌市中央区北1条西2丁目






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP