トップページ食品・フード系の資格 ≫ きき酒師



■■ きき酒師 ■■

きき酒師とは、日本酒の味や香りといった違いを分かり易く説明のできる知識や技術に対しての認定資格です。

主に飲食店や酒販売店などで顧客に対して日本酒の風味などを提供する場合などに利用される資格ですが、近年は一般の受験者も増えているいます。

日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会が行なう講習会を受講した後に、資格試験を受験し合格する事で取得出来ます。





■ 受験資格

申込時に満20歳以上の方。

■ 資格試験の内容

第1次試験
・酒全般における基礎知識

第2次試験
・日本酒に関する専門知識と企画立案

第3次試験
・日本酒の香りや味わいの表現、提案

第4次試験
・日本酒の基礎知識、サービス法

■ 資格合格率

■ 資格試験日

地区によって異なります。

■ 受験料

【1日受講】
一般…55,000円
学生…35,000円

【通学コース】
一般…60,000円
学生…40,000円

【在宅】
一般…60,000円
学生…40,000円

合格必要な諸費用
・認定料…25,000円
・入会金…18,000円
・年会費…15,000円

■ 試験実施会場

東京都・大阪府・愛知県・北海道

■ 合格ライン・合格発表

■ 受験対策

ヒューマンアカデミー フード講座

■ 問い合わせ先

日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP