トップページ食品・フード系の資格 ≫ レストランサービス技能士



■■ レストランサービス技能士 ■■

レストランサービス技能士は、レストランにおけるウェイター、ウェイトレスなど、飲食業に関するサービスの技能を認定する国家資格である、技能士の一種です。

ホテル・レストラン業関係などの業種に就職する為に非常に有利となる資格である言えます。

各種学校などで、レストランサービス技能士の養成コースが開講されているため、就学すれば比較的、取得しやすい資格であると言えます。





■ 受験資格

(1級の受検資格)
第1条 1級の学科試験の受検資格を有する者は、次の各号のいずれかに該当する者とする。
一) 学校教育法による大学においてレストラン等における規定の料飲サービスに関する学科を修めて卒業した者でその後当該サービス業務に関し8年以上の実務の経験を有する者。
二) 学校教育法による短期大学又は専門学校においてレストラン等における規定の料飲サービスに関する学科を修めて卒業した者で、その後当該サービス業務に関し9年以上の実務の経験を有する者。
三) 学校教育法による高等学校においてレストラン等における料飲サービスに関する学科を修めて卒業した者で、その後当該サービス業務に関し10年以上の実務の経験を有する者。
四) レストラン等における料飲サービス業務に関し11年以上の実務の経験を有する者。
五) レストランサービスに係る2級の技能検定に合格した者で、その後4年以上の実務の経験を有する者。
六) 料飲接遇サービス技能審査(技能審査認定規程(昭和48年労働省告示第54号)第1条第1項の規定により認定された料飲接遇サービス技能審査(以下「料飲接遇サービス技能審査」という。)において2級の技能審査に合格した者で、その後4年以上の実務の経験を有する者。
七) 職業能力開発促進法施行規則第9条に定める応用課程又は専門課程の高度職業訓練(これらに相当する職業訓練を含む。)においてレストラン等における料飲サービスに関する訓練を修了した者で、その後当該サービス業務に関し9年以上の実務の経験を有する者。
八) 職業能力開発促進法施行規則第9条に定める普通課程の普通職業訓練(総訓練時間が2,800時間以上の者に限りこれらに相当する職業訓練を含む。)においてレストラン等における料飲サービスに関する訓練を修了した者で、その後当該サービス業務に関し9年以上の実務の経験を有する者。
九) 職業能力開発促進法施行規則第9条に定める短期課程の普通職業訓練(これらに相当する職業訓練を含む。)においてレストラン等における料飲サービスに関する訓練を修了した者で、当該訓練を修了した後10年以上の実務の経験を有する者。
※1級の実技試験の受検資格を有する者は、1級の学科試験に合格した者とする。ただし、学科試験に合格した日の翌日から起算して2年を経過する日の属する年度の末日までに行われる実技試験を受検する場合に限るものとする。

(2級の受検資格)
第2条 2級の学科試験の受検資格を有する者は、次の各号のいずれかに該当する者とする。
一) 学校教育法による大学においてレストラン等における規定の料飲サービスに関する学科を修めて卒業した者。
二) 学校教育法による短期大学又は専門学校においてレストラン等における規定の料飲サービスに関する学科を修めて卒業した者で、その後当該サービス業務に関し1年以上の実務の経験を有する者。
三) 学校教育法による高等学校比おいてレストラン等における料飲サービスに関する学科を修めて卒業した者で、その後当該サービス業務に関し2年以上の実務の経験を有する者。
四) レストラン等における料飲サービス業務に関し3年以上の実務の経験を有する者。
五) レストランサービスに係る3級の技能検定に合格した者で、その後2年以上の実務の経験を有する者。
六) 料飲接遇サービス技能審査において3級の技能審査に合格した者で、その後2年以上の実務の経験を有する者。
七) 職業能力開発促進法施行規則第9条に定める応用課程又は専門課程の高度職業訓練(これらに相当する職業訓練を含む。)においてレストラン等における料飲サービスに関する訓練を修了した者で、その後当該サービス業務に関し1年以上の実務の経験を有する者。
八) 職業能力開発促進法施行規則第9条に定める普通課程の普通職業訓練(総訓練時間が2,800時間以上の者に限りこれらに相当する職業訓練を含む。)においてレストラン等における料飲サービスに関する訓練を修了した者で、その後当該サービス業務に関し1年以上の実務の経験を有する者。
九) 職業能力開発促進法施行規則第9条に定める短期課程の普通職業訓練(これらに相当する職業訓練を含む。)においてレストラン等における料飲サービスに関する訓練を修了した者で、当該訓練を修了した後2年以上の実務の経験を有する者。
※2級の実技試験の受検資格を有する者は、1級又は2級の学科試験に合格した者とする。ただし、学科試験に合格した日の翌日から起算して2年を経過する日の属する年度の末日までに行われる実技試験を受検する場合に限るものとする。

(3級の受検資格)
第3条 3級の学科試験の受検資格を有する者は、次の各号のいずれかに該当する者とする。
一) 学校教育法による大学においてレストラン等における規定の料飲サービスに関する学科を修めて卒業した者。
二) 学校教育法による短期大学又は専門学校においてレストラン等における規定の料飲サービスに関する学科を修めて卒業した者。
三) 学校教育法による高等学校においてレストラン等における料飲サービスに関する学科を修めて卒業した者。
四) 職業能力開発促進法施行規則第9条に定める応用課程又は専門課程の高度職業訓練(これらに相当する職業訓練を含む)においてレストラン等における料飲サービスに関する訓練を修了した者。
五) 職業能力開発促進法施行規則第9条に定める普通課程及び短期課程の普通職業訓練(これらに相当する職業訓練を含む。)においてレストラン等における料飲サービスに関する訓練を修了した者。
六) 前各号に掲げる学科を修めて卒業する見込みのある者又は職業訓練を修了する見込みのある者で、会長が認めた者。
七) レストラン等における料飲サービス業務に関し1年以上の実務経験を有する者。
※3級の実技試験の受検資格を有する者は、1級、2級又は3級の学科試験に合格した者とする。ただし、学科試験に合格した日の翌日から起算して2年を経過する日の属する年度の末日までに行われる実技試験を受検する場合に限るものとする。

■ 資格試験の内容

【1級】
学科試験
@食品衛生・公衆衛生
A料飲一般
Bレストランサービス
C食文化
D施設管理
E苦情処理
F法規
G安全衛生

実技試験
@接客マナー
Aテーブルサービス
Bワゴンサービス

【2級・3級】
学科試験
@食品衛生・公衆衛生
A料飲一般
Bレストランサービス
C食文化
D施設管理
E苦情処理
F法規
G安全衛生

実技試験
@接客マナー
Aテーブルサービス

■ 資格合格率

■ 資格試験日

学科:8月
実技:10月〜11月

■ 受験料

1級 学科6.500円、実技23,500円
2級 学科6.500円、実技10,500円
3級 学科6.500円、実技8,000円

■ 試験実施会場

【学科】
札幌、仙台、新潟、東京、名古屋、大阪、広島、福岡、沖縄

【実技/1級】
札幌、東京、大阪、福岡、沖縄

【実技/2級・3級】
札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡、沖縄

■ 合格ライン・合格発表

■ 受験対策

ヒューマンアカデミー フード講座

■ 問い合わせ先

社団法人 日本ホテル・レストランサービス技能協会
〒102−0072 東京都千代田区飯田橋3-3-11 飯田橋ばんらいビル6F
TEL:03-5226-6811 FAX:03-5226-6812






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP