トップページ食品・フード系の資格 ≫ 調理技術審査/調理技能検定



■■ 調理技術審査/調理技能検定 ■■

調理技術審査/調理技能検定は、日本料理、中華料理、西洋料理などの調理師が、調理に関する技術や技能を持っていることを証明する資格試験です。

調理技術審査/調理技能検定に合格すると、厚生労働大臣から証書が交付され、「専門調理師」「調理技能士」の称号が与えられます。

国家資格である技能士の一種で、調理師学校の教員資格を得ることもできます。調理師を志す人には、重要な資格となるでしょう。





■ 受験資格

調理の実務経験年数8年以上で、実務経験年数のうち 調理師免許を有している期間が3年以上ある者

■ 資格試験の内容

学科試験
・調理一般 
・調理法 
・材料 
・食品衛生 
・公衆衛生 
・食品 
・栄養 
・関係法規及び安全衛生

実技試験
・指定された料理の調理と盛り付け作業

■ 資格合格率

学科試験 約55%
実技試験 約78%

■ 資格試験日

前期:7月下旬〜8月下旬(すし料理、中国料理、給食用特殊料理)
後期:1月下旬〜2月下旬(日本料理、西洋料理、麺料理)

■ 受験料

学科試験3,700円、実技試験18,800円 実技・学科試験22,500円

■ 試験実施会場

全国主要12都市。料理区分によって異なります。

■ 合格ライン・合格発表

■ 受験対策

ヒューマンアカデミー フード講座

■ 問い合わせ先

社団法人 調理技術技能センター






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP