トップページ不動産系の資格 ≫ 区分所有管理士



■■ 区分所有管理士 ■■

区分所有管理士は、マンションを含む区分所有建物の企画・設計・運営等に係る広範かつ、専門的な業務を総合的にマネージメントする役割を担い、都市再生を支援する専門家として活躍が期待されています。

区分所有管理士試験は平成8年度から実施され、これまで5,108名が区分所有管理士として認定されています。





■ 受験資格

次のいずれかに該当する方が受験できます。 (1)「マンションの管理の適正化の推進に関する法律(以下「マンション管理適正化法」といいます。)」第44条に定める登録を受けたマンション管理業者の従業員で、区分所有建物の管理業務に従事し、3年以上の実務経験を有する者
(2)マンション管理適正化法第44条に定める登録を受けたマンション管理業者の従業員で、管理・監督職以上の地位にある者

※下記のいずれかに該当する方は、択一式試験のうち「マンションの管理の適正化の推進に関する法律」に関する5問が免除となります。
ア)管理業務主任者試験合格者
イ)マンション管理士試験合格者
ウ)「マンションの管理の適正化の推進に関する法律」附則第5条の規定に基づく講習(移行講習。平成14年4月で終了)修了者

■ 資格試験の内容

択一式試験(四肢択一式 全50問)
記述式試験(全5問)

■ 資格合格率

■ 資格試験日

3月

■ 受験料

12,600円(消費税600円含む)

■ 試験実施会場

東京,大阪,札幌,仙台,名古屋,広島,福岡,

■ 合格ライン・合格発表

■ 受験対策



■ 問い合わせ先

社団法人高層住宅管理業協会
東京都港区虎ノ門1−13−3(虎ノ門東洋共同ビル2階)
TEL 03-3500-2720 FAX 03-3500-1261
区分所有管理士試験係






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP