トップページ不動産系の資格 ≫ 土地区画整理士技術検定



■■ 土地区画整理士技術検定 ■■

土地区画整理士技術検定とは土地区画整理事業を行なう上で必要な専門的な技術や知識の維持向上を目的として国土交通省の行なう国家資格です。

この土地区画整理士技術検定資格は国土交通大臣によって指定を受けた検定機関である「財団法人全国建設研修センター」のよって行われている試験に合格する事で取得する事ができます。

土地区画整理士技術検定には土地に関する総合的な知識が求められると共に土地に関する法規などの知識も求められます。





■ 受験資格

【実務経験】
・大学
指定学科…1年以上
指定学科以外…3年以上

・短大・専門学校
指定学科…2年以上
指定学科以外…4年以上

・高校
指定学科…3年以上
指定学科以外…5年以上

・不動産鑑定士・不動産鑑定士補…2年以上

・その他…8年以上

■ 資格試験の内容

【学科試験】
・土地区画整理事業総論
・土地評価
・換地計画
・法規

【実地試験】
・換地設計(必須問題)
・実務経験(必須問題)
・事業計画(選択問題)
・移転補償(選択問題)
・法規(選択問題)
※選択問題は3問中1問を選択

■ 資格合格率

学科、実地…50%前後

■ 資格試験日

9月上旬

■ 受験料

18,000円
※実地試験のみの場合9,000円

■ 試験実施会場

仙台、東京、名古屋、大阪、福岡

■ 合格ライン・合格発表

全国建設研修センターのHPで発表

■ 受験対策



■ 問い合わせ先

一般財団法人 全国建設研修センター
試験業務局造園・区画整理試験部区画整理試験課
〒187-8540 東京都小平市喜平町2-1-2
TEL 042(300)6866(代)






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP