トップページ不動産系の資格 ≫ マンション維持修繕技術者



■■ マンション維持修繕技術者 ■■

マンション維持修繕技術者とは、マンションの維持・修繕に関して一定水準の知識と技術を有していることを審査・認定することにより、マンション建物・設備の維持保全に関する知識・技術及び対応力の向上を図り、もって円滑な共同居住に関する社会的な要請に応えることを目的とした当協会の認定資格です。

マンション維持修繕技術者は、平成14年度から実施され、平成24年4月現在1,843名がマンション維持修繕技術者として認定されています。





■ 受験資格

(1)学歴(建築に関する課程)+建築・設備関係に関しての実務経験(建築に関する課程には、機械・電気・土木関係の課程も含むものとします)
1.大  学(修業4年)・・・卒業後1年以上の実務経験
2.短期大学(修業3年)・・・卒業後2年以上の実務経験
3.短期大学・高等専門学校(修業2年)・・・卒業後3年以上の実務経験
4.一般高卒以上を対象とする
専修学校・各種学校(修業2年以上)・・・卒業後3年以上の実務経験
5.一般高卒以上を対象とする
専修学校・各種学校(修業1年)・・・卒業後4年以上の実務経験
6.工業高校(修業3年)・・・卒業後5年以上の実務経験
7.4.および5.を除く中卒以上を対象とする
専修学校・各種学校(修業2年)・・・卒業後6年以上の実務経験

(2)実務のみ・・・8年以上の実務経験

(3)保有資格等によるもの
1.大規模修繕コンサルタント実務研修修了者
2.マンション維持修繕技術専門課程研修受講者
3.一級建築士又は二級建築士
4.技術士(建設部門)
5.建築設備士
6.区分所有管理士試験合格者
7.管理業務主任者試験合格者
8.マンション管理士試験合格者

(4)その他
マンション管理業協会理事長が上記に掲げる前各号と同等以上と認める者

■ 資格試験の内容

択一式試験(四肢択一式 全50問)及び記述式試験(5問)
@マンション概論(一般建築知識含む)
A建物・設備の維持保全
B建物・設備の劣化
C建物・設備の調査診断
D建物・設備の修繕設計
E修繕工事の施工監理手法
Fマンション修繕に関わる法律等の知識

■ 資格合格率

■ 資格試験日

2月

■ 受験料

10,500円(消費税込み)

■ 試験実施会場

東京,大阪,札幌,仙台,名古屋,広島,福岡,

■ 合格ライン・合格発表

■ 受験対策

■ 問い合わせ先

一般社団法人マンション管理業協会 事務局
東京都港区虎ノ門1-13-3(虎ノ門東洋共同ビル2階)
試験研修部
TEL 03-3500-2720 FAX 03-3500-1261






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP