トップページ建築・土木系の資格 ≫ 地質調査技士



■■ 地質調査技士 ■■

地質調査技士とは地質調査を行なう現場業務において主任技術者として従事する上での知識、技術などに対しての認定資格です。

地質調査技士は地質調査業者登録規程において現場管理者の登録に必要な資格として認められている資格であり、地質調査業務を行なう為の資格です。

資格の取得には「全国地質調査業界連合会」の行なう検定試験を受験し合格する事で取得できます。





■ 受験資格

実務経験が必要です。

【現場調査部門】
・5年以上(ボーリングに関する実務経験)
・2年以上(専門学校の指定課程卒業)

【現場技術・管理部門】
・3年以上(大学、工業高等専門学校で地質、土木、地球物理学などの課程卒業者)
・その他の受験者は関連実務経験5年又は8年以上

【土壌・地下水汚染部門】
・大学、工業高校(5年課程)で環境、地質、土木などの課程を卒業し関連実務経験3年以上
・その他の受験者は関連実務経験5年又は8年以上

■ 資格試験の内容

【現場調査部門】

筆記試験
・基礎知識
・現場、専門技術
・調査技術の理解度
・管理技法
・記述問題

口頭試験
・地質技士としての必要な知識、経験
・実務経歴に基づいた経験、実務、技能

【編場技術・管理部門】※筆記試験のみ

四肢択一問題
・社会一般、建設行政などの知識
・地質、土木・建設などの知識
・現場・専門技術の知識
・調査技術の理解度
・解析手法、設計・施工への適用
・管理技法
・入札・契約制度、仕様書などの知識

記述式問題
・現場技術に関わる問題
・地質調査技術に関わる問題
・建設一般に関わる問題

【土壌・地下水汚染部門】※筆記試験のみ

四肢択一問題
・社会一般・環境行政などの知識
・地質、土木・建築、化学の知識
・現場・専門技術の知識(1)
・現場・専門技術の知識(2)
・化学分析、地盤解析などの理解度
・管理技法
・土壌地下水汚染修復技術の基礎知識

記述式問題
・現場技術に関わる問題
・土壌・地下水汚染調査・修復技術に関わる問題

■ 資格合格率

■ 資格試験日

7月中旬

■ 受験料

12,600円

■ 試験実施会場

札幌、仙台、新潟、東京、名古屋、広島、高松、福岡、那覇

■ 合格ライン・合格発表

■ 受験対策



■ 問い合わせ先

財団法人全国地質調査業界連合会






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP