トップページ不動産系の資格 ≫ 土地家屋調査士



■■ 土地家屋調査士 ■■

土地家屋調査士は土地、建物などの測量、調査、申請を行なう為の資格で、依頼を受け土地の調査や測量又は土地の登記などを行なう土地家屋調査の専門家です。

土地家屋調査士は法務省により認定される資格であり、資格の取得には法務省の行なっている「土地家屋調査士試験」に合格しなければなりません。

土地家屋調査士に求められる知識には土地や家屋に関しての法律、測量の知識、作図などの知識が必要です。





■ 受験資格

受験資格は特に設けられていません。

■ 資格試験の内容

【一次試験】筆記試験
・民法に関する知識
・登記の申請手続き、審査請求手続き
・土地及び家屋の調査、測量の知識(平面測量、作図)

【二次試験】口述試験 ※筆記試験の合格者に実施されます。
・民法に関する知識
・登記の申請手続き、審査請求手続き
・土地及び家屋の調査、測量の知識(平面測量、作図)

■ 資格合格率

約8%

■ 資格試験日

一次試験…8月下旬(午前試験・午後試験)
二次試験…11月中旬

■ 受験料

7,200円

■ 試験実施会場

各都道府県

■ 合格ライン・合格発表

■ 受験対策

■ 問い合わせ先

法務省
〒100-8977 東京都千代田区霞が関1-1-1
電話:03-3580-4111(代表)






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP