トップページ福祉・介護系の資格 ≫ ケアクラーク技能認定試験



■■ ケアクラーク技能認定試験 ■■

ケアクラーク技能認定試験は、財団法人日本医療教育財団が主催する、民間の資格試験です。
医療法人・老人介護施設などにおいて、介護保険に関する事務スタッフとして、働くために必要となる知識、技能を持つことを認定するものです。
高齢化社会において、注目を集めている資格です。





■ 受験資格

特になし。

■ 資格試験の内容

【学科】
介護事務一般知識
@人間関係(コミュニケーション)
A老人・障害者の心理
B社会福祉
C老人福祉
D地域福祉
E社会福祉援助技術
F介護概論
G介護術技術・障害形態別介護技術
Hリハビリテーション
I医学一般
J介護保険制度
K介護事務業務

【実技】
記述式

■ 資格合格率

約70%

■ 資格試験日

年6回
4月、6月、8月、10月、12月、2月

■ 受験料

6,000円

■ 試験実施会場

札幌市、仙台、東京、名古屋、京都、大阪、広島、福岡

■ 合格ライン・合格発表

■ 受験対策

■ 問い合わせ先

財団法人日本医療教育財団






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP