トップページ福祉・介護系の資格 ≫ ケアマネージャー



■■ ケアマネージャー ■■

ケアマネージャーの仕事は、介護を必要とする人の相談に応じ、その人に適した居宅サービスや施設を使うことができるように介護のサービスについてケアプランを立てることです。
ケアプランとは、居宅介護の基本となる計画プランで、非常に重要なものです。
また、ケアマネージャーその計画に基づき福祉業者と調整を行う架け橋的な存在にならなければなりません。
受験資格は、介護支援専門員実務研修受講試験に合格し、実務の研修を受けていることが必要となります。





■ 受験資格

【介護支援専門員実務研修受講試験】
保険・医療・福祉の分野で5年以上かつ900日以上実務経験があるもの

■ 資格試験の内容

1.介護支援専門員の基本視点
2.介護保険制度論
3.ケアマネジメント機能論
4.高齢者支援展開論(高齢者介護総論)
5.高齢者支援展開論(居宅サービス事業各論)
6.高齢者支援展開論(地域密着型サービス事業各論)
7.高齢者支援展開論(介護予防サービス事業各論)
8.高齢者支援展開論(地域密着型介護予防サービス事業各論)
9.高齢者支援展開論(介護保険施設各論)
10.高齢者支援展開論(社会資源活用論)
11.要介護・要支援認定特論

■ 資格合格率

約20.5%

■ 資格試験日

10月下旬

■ 受験料

6000〜9500円

■ 試験実施会場

各都道府県

■ 合格ライン・合格発表

■ 受験対策



■ 問い合わせ先

各都道府県、政令指定都市の介護保険担当課






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP