トップページ福祉・介護系の資格 ≫ 福祉レクリエーションワーカー



■■ 福祉レクリエーションワーカー ■■

福祉レクリエーションワーカーとは、高齢者や障害者などを対象に福祉施設でレクリエーションを行う職業です。
施設で暮らす高齢者や障害者が楽しみを持って生活を送るために、その支援を行う大切な資格です。
また、地域でイベントなどが行われる際に福祉施設と地域のつながりを保つための役割も果たします。
人々に楽しみを与えるエンターテイナーとしての資格です。





■ 受講資格

満18歳以上で「レクリエーションインストラクター養成講座」で所定時間(50時間)を修了している レクリエーションインストラクター、レクリエーションコーディネーター、グループレクリエーションワーカーのいずれかの資格保持者。

■ 資格試験の内容

【受講内容】
隣接領域に関する基礎的知識・援助技術
福祉レクリエーションに関する専門的知識・援助技術

■ 資格合格率

受講者は認定をうけることができる。

■ 資格試験日

6月1日、12月1日

■ 受講料

70,000円(一部資格保有者に割引制度あり)

■ 試験実施会場

■ 問い合わせ先

財団法人 日本レクリエーション協会 人材開発部 〒101-0061 東京都千代田区三崎町2-20-7 水道橋西口会館6階 TEL.03-3265-1241/FAX.03-3265-1245






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP