トップページ福祉・介護系の資格 ≫ 義肢装具士



■■ 義肢装具士 ■■

義肢装具士とは、事故や病気などで手や足を失ってしまった人に義肢などの代替器具を製作するのに必要な国家資格です。
義肢の製作だけでなく、医師と連携して義肢を製作した人に対して安全に生活を過ごせるようにアフターケアもする必要があります。
事故や病気などで機能を失ってしまった人の機能回復を手助けする非常に重要な役割です。





■ 受験資格

大学に入学することができ、義肢装具士養成所などにおいて、3年以上義肢装具士として必要な知識および技能修得したもの(修業または卒業する見込みのものを含む)ほか大学に入学することができるもので、文部科学大臣の指定した学校または厚生労働大臣が指定した義肢装具士養成所において、3年以上義肢装具士として必要な知識および技能修得したもの(修業または卒業する見込みのものを含む)など。

■ 資格試験の内容

【学科試験】
1.臨床医学大要(臨床神経学、整形外科学、リハビリテーション医学、理学療法・作業療法、臨床心理学および関係法規を含む)
2.義肢装具工学(図学・製図学、機構学、制御工学、システム工学およびリハビリテーション工学)
3.義肢装具材料学(義肢装具材料力学を含む)
4.義肢装具生体力学
5.義肢装具採型・採寸学
6.義肢装具適合学

■ 資格合格率

約98.3%

■ 資格試験日

3月上旬

■ 受験料

65,900円

■ 試験実施会場

東京

■ 合格ライン・合格発表

■ 受験対策

■ 問い合わせ先

財団法人テクノエイド協会
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ4階
TEL:03-3266-6880(代表)FAX:03-3266-6885






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP