トップページ福祉・介護系の資格 ≫ 介護福祉士



■■ 介護福祉士 ■■

介護福祉士は別名ケアワーカーとも呼ばれ介護福祉の分野の国家資格です。
生活をする上で介護が必要な人が日常生活を送るための補助をする仕事で、社会生活で自立するために手助けを行う重要な仕事です。
就職においては非常に有利な資格ですので、受験資格がある人は是非取得しておきたいところです。





■ 受験資格

受験資格には介護福祉士国家試験に合格するか高校卒業以上の者が介護福祉士養成施設を卒業するかのいずれかの方法があります。
下記は国家試験を受ける場合の受験資格ですが、いずれも実務経験証明書か卒業証書および履修証明書が必要になります。
1.3年以上介護等の業務に従事したもの
2.高等学校もしくは高等学校等の専攻科において福祉に関する所定の今日科目を修めて卒業した者(卒業見込みも含む)

■ 資格試験の内容

1.筆記試験(13科目)
・社会福祉概論
・老人福祉論
・障害者福祉論
・リハビリテーション論
・社会福祉援助技術(演習を含む。)
・レクリエーション活動援助法
・老人・障害者の心理
・家政学概論
・医学一般
・精神保健
・介護概論
・介護技術及び形態別介護技術

2.実技試験
・介護等に関する専門的技能

■ 資格合格率

約50.4%

■ 資格試験日

8月下旬から9月上旬

■ 受験料

12800円

■ 試験実施会場

【筆記試験】(23か所)
北海道、青森県、岩手県、宮城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、石川県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、岡山県、広島県、香川県、愛媛県、福岡県、熊本県、鹿児島県及び沖縄県
【実技試験】(12か所)
北海道、青森県、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、鹿児島県及び沖縄県

■ 合格ライン・合格発表

筆記:1月下旬
実技:3月下旬

■ 受験対策



■ 問い合わせ先

(財)社会福祉振興・試験センター 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-5-6 TEL:03-3486-7521






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP