トップページ福祉・介護系の資格 ≫ 精神保健福祉士



■■ 精神保健福祉士 ■■

精神保健福祉士とは、精神障害者の保健及び福祉に関する専門的知識及び技術をもって、精神障害者の社会復帰に関する相談援助を行なう資格です。
現代社会では、精神障害者が社会復帰を果たす上で障害となっている諸問題の解決を図る必要があり、医師等の医療従事者が行なう診療行為に加えて、退院のための環境整備などについての様々な支援を行なう人材として活躍が期待されます。





■ 受験資格

1.保健福祉系の4年制大学で指定科目を修めて卒業した者
2.保健福祉系の2年制(または3年制)短期大学等で指定科目を修めて卒業し、指定施設において2年以上(または1年以上)相談援助の業務に従事した者
3.福祉系4年制大学で基礎科目を修めて卒業した者などで、精神保健福祉士短期養成施設(6カ月)を卒業した者
4.4年制大学卒業者などで、精神保健福祉士一般養成施設(1年)を卒業した者
5.4年以上の実務経験者で、精神保健福祉士一般養成施設(1年)を卒業した者

■ 資格試験の内容

・精神医学
・精神保健学
・精神科リハビリテーション学
・精神保健福祉論
・精神保健福祉援助技術
・社会福祉原論
・社会保障論
・公的扶助論
・地域福祉論
・心理学
・社会学
・法学
・医学一般

■ 資格合格率

60.3%

■ 資格試験日

1月下旬の2日間

■ 受験料

11,500円

■ 試験実施会場

北海道、宮城、東京、愛知、大阪、広島、福岡

■ 合格ライン・合格発表

■ 受験対策

■ 問い合わせ先

(財)社会福祉振興・試験センター
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-5-6
TEL:03-3486-7521






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP