トップページ福祉・介護系の資格 ≫ 社会福祉主事



■■ 社会福祉主事 ■■

社会福祉主事は、専門的知識及び技術をもって、身体上若しくは精神上の障害がある人の福祉に関する相談に応じ、福祉サービス事業者、医師等との連絡や調整、援助を行うための国家資格です。
下記の任用資格に該当していて、実際に福祉機関に任用されることによって、社会福祉主事となることができます。 実務の内容も非常に幅広いため福祉全般に精通していなければなりません。





■ 任用資格

年齢が二十歳以上で次のいずれかに該当するもの 1.学校教育法に基づく大学、旧大学令に基づく大学、旧高等学校例に基づく高等学校又は旧専門学校例に基づく専門学校において、厚生労働大臣の指定する社会福祉に関する科目を修めて卒業した者
2.厚生労働大臣の指定する養成機関又は講習会の課程を修了した者
3.厚生労働大臣の指定する社会福祉事業従事者試験に合格した者
4.前三号に掲げる者と同等以上の能力を有すると認められる者として厚生労働省令で定めるもの

■ 任用資格の内容

・社会福祉概論
・社会福祉事業史
・社会福祉事業方法論
・社会調査統計
・社会福祉施設経営論
・社会福祉行政
・公的扶助論
・児童福祉論
・保育理論
・身体障害者福祉論
・知的障害者福祉論
・老人福祉論
・医療社会事業論
・地域福祉論
・協同組合論
・法律学
・経済学
・心理学
・社会政策
・社会学
・経済政策
・社会保障論
・教育学
・刑事政策
・犯罪学
・倫理学
・生理衛生学
・公衆衛生学
・精神衛生学
・医学知識・看護学
・栄養学

■ 資格合格率

■ 受験対策

■ 問い合わせ先

厚生労働省






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP