トップページ語学・言語系の資格 ≫ ABKタイ語検定試験



■■ ABKタイ語検定試験 ■■

ABKタイ語検定試験は、タイ語の語学能力を評価する特定非営利活動法人日タイ言語交流センターの運営する検定資格で、タイ語の語学力を評価するものとしては最も一般的な資格ですです。
タイは日本との交流が活発な国であり、タイとの国際取引などを行なう職場や観光業などには、非常に有利な資格です。





■ 受験資格

特になし。

■ 資格試験の内容

【1次試験】
・筆記50分(1級90分・2級60分)
・リスニング

【2次試験】
・面接官2名による口頭試問

■ 資格合格率

■ 資格試験日

秋季(11月〜12月)

■ 受験料

1級8000円
2級7000円
3級6000円
4級5000円
5級4000円

1次試験免除者
2級4000円
3級5000円

■ 試験実施会場

東京・名古屋・大阪・バンコク

■ 合格ライン・合格発表

7%の正答で合格
試験後1ヶ月程度で発表

■ 受験対策

特定非営利活動法人日タイ言語交流センター

■ 問い合わせ先






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP