トップページ医療系の資格 ≫ 細胞検査士



■■ 細胞検査士 ■■

細胞検査士とは、患者さんの細胞が良性、悪性細胞かを見分けたり、悪性の腫瘍などを発見する検査を行う資格です。
主な勤務先は、大学病院、検診センター、一般病院、研究機関、製薬会社などの医療機関で、細胞検査士の資格試験は、難易度の高いものですが、医療スペシャリストとして需要の多い職業です。





■ 受験資格

@臨床検査技師、または、衛生検査技師の資格を取得した後、細胞検診検査実務1年以上の者
A臨床検査技師、または、衛生検査技師の資格を取得した後、日本臨床細胞学会認定の細胞診技術者養成機関を卒業した者
B4年制大学で日本臨床細胞学会が認定した細胞検査士養成過程を修了した者で、大学卒業見込みの者

■ 資格試験の内容

【1次】
筆記試験およびスライド投影による細胞像判定試験

【2次】(実技)
1次試験合格者のみ

※出題分野
・スクリーニング試験
・細胞同定試験
・標本作製実技試験

■ 資格合格率

約25%

■ 資格試験日

1次:11月
2次:12月

■ 受験料

30,000円

■ 試験実施会場

1次:東京、大阪
2次:東京

■ 合格ライン・合格発表

■ 受験対策



■ 問い合わせ先

細胞検査士会






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP