トップページ医療系の資格 ≫ 歯科衛生士



■■ 歯科衛生士 ■■

歯科衛生士は、歯科医師をサポートする業務をおこなうために必要な資格です。
通常、歯科衛生士の専門学校で勉強してから受験するため、合格率は高く、学校を卒業できれば比較的取りやすい資格だといえます。
主な就職先は歯科医院で、歯科疾患の診療補助、予防処置、保健指導を行ないます。





■ 受験資格

・文部科学大臣の指定した歯科衛生士学校・養成所を卒業又は、卒業予定の者
・厚生労働大臣の指定した歯科衛生士養成所を卒業した者又は、卒業予定の者
・外国の歯科衛生学校卒業又は、免許を得た者で1.と同等以上と認定された者

■ 資格試験の内容

【試験科目】
・人体(歯、口腔を除く。)の構造と機能
・歯、口腔の構造と機能
・疾病の成り立ち及び回復過程の促進
・歯、口腔の健康と予防に関わる人間と社会の仕組み
・歯科衛生士概論
・臨床歯科医学
・歯科予防処置論
・歯科保健指導論
・歯科診療補助論
※平成22年6月30日歯科衛生士法施行規則の改正により試験科目が改正されました。平成23年度から実施されます。

■ 資格合格率

約95%

■ 資格試験日

3月

■ 受験料

14,300円

■ 試験実施会場

北海道、宮城、東京、新潟、愛知、大阪、広島、香川、福岡、沖縄

■ 合格ライン・合格発表

■ 受験対策

■ 問い合わせ先

財団法人歯科医療研修振興財団






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP