トップページ医療事務系の資格 ≫ 保険請求事務技能検定試験



■■ 保険請求事務技能検定試験 ■■

保険請求事務技能検定試験は、日本医療事務協会が実施している試験で、保険請求事務に関する知識が審査される資格試験です。
全国の医療秘書科のある大学や短大、専門学校の学生、医療事務スクールの学生が数多く受験しており、
実技は診療報酬請求事務(レセプト作成)、学科は医療保険制度、診療報酬、薬価、材料等の基礎知識、医療用語などが問われます。





■ 受験資格

日本医療事務協会が認定する医療事務講座を修了したもの。
医療事務講座修了レベルの知識を有しているもの。

■ 資格試験の内容

【実技】
診療報酬請求事務(レセプト作成)

【学科】
医療保険制度、診療報酬、薬価、材料等の基礎知識、医療用語などが問われます。

■ 資格合格率

60〜70%

■ 資格試験日

3月・4月・6月・7月・11月・12月の年6回実施されています。

■ 受験料

7000円

■ 試験実施会場

全国各地で実施されます。

■ 合格ライン・合格発表

試験の約3週間後合格発表。
※不合格の場合、次回不合格になった科目のみの受験可。

■ 受験対策



■ 問い合わせ先

日本医療事務協会
〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウエスト7F
TEL:03-3349-6011






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP