トップページ医療事務系の資格 ≫ 医事管理士認定試験



■■ 医事管理士認定試験 ■■

医事管理士認定試験は、医療機関において医療の事務処理を行いつつ、医療事務全般の管理を行う知識及び能力を認定する資格試験です。

医事管理士には、医療事務および一般事務を把握し、事務処理能力やマネージメント能力を身につけることを求められます。

医療機関の医事課長および事務長へのステップアップを望む方には持っていたほうが良い資格だといえます。





■ 受験資格

(財)日本病院管理教育協会 の指定する学校の指定された科目を履修し、単位を取得している必要があります。

■ 資格試験の内容

1.医療管理・事務総論(医療法・医療保険制度・他関連法規を含む)
科目名事例:医療管理学概論、医療事務総論、医療管理学、医療管理・医療秘書学、医療保険事務論、医療事務管理総論など

2.医療事務演習(診療報酬請求事務の算定理論と実技)
科目名事例:秘書実務、医療保険請求、診療報酬事務演習、診療報酬実務、医療事務の実践講座、診療報酬請求事務など

3.医学一般(医療事務に関する知識)
科目名事例:解剖学、医学一般、医学概論、身体構造と機能、人体の構造と機能など

4.薬理概論(医療事務に関する知識)
科目名事例:薬理学、公衆衛生学、人間のからだと薬、薬剤一般、健康生活論など

5.情報処理
科目名事例:情報処理論、医療情報処理演習、情報処理概論、コンピュータ演習、コンピュータリテラシーなど

■ 資格合格率

約85%

■ 資格試験日

毎年1月と10月の年二回実施

■ 受験料

7000円

■ 試験実施会場

指定の学校で実施

■ 合格ライン

60〜65%正答で合格

■ 受験対策

教育指定校一覧

■ 問い合わせ先

(財)日本病院管理教育協会
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-8-8
TEL 03-3667-5565 FAX 03-3667-5668






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP