トップページ医療事務系の資格 ≫ 医事オペレーター技能



■■ 医事オペレーター技能(メディカルオペレーター) ■■

医事事務の効率化、円滑化等から導入されたコンピューターにより今後ますますIT化が進むことが予想されます。

医事オペレーター技能(メディカルオペレーター)は、こうした医療機関におけるIT化により必要となる医事オペレーターの養成にいち早く対応するため、平成3年より実施されているものです。ここ数年は年間約1万5000人が受験し、医療事務職従事者のスキルアップにつながっています。

医事オペレーター技能認定試験の合格者には、医事コンピュータの操作に関する知識と技能を備えていることを証明するものとしてメディカルオペレーターの称号が与えられます。





■ 受験資格

特になし。

■ 資格試験の内容

【実技試験】
外来患者3人・入院患者1人の模擬診療伝票から、患者情報・病名情報・診療情報を入力し、
レセプト(解答用紙)を出力します。
70分(コンピュータ入力 60分、レセプト出力 10分)

■ 資格合格率

約87%

■ 資格試験日

年12回(毎月)

■ 受験料・受験申し込み

7,500円

1.当該試験日の2ヵ月前より、当該試験日の2週間前までが受付期間。
2.所定の受験申込書に受験料を添えて、当該受験地域の日本医療教育財団支部へ郵送(現金書留)またはご持参。
3.申込手続き後、受験票を発行。

■ 試験実施会場

全国の指定会場

■ 合格ライン・合格発表

得点率が70%以上で合格。
当該試験日から約1ヵ月後に郵送により通知。

■ 受験対策



■ 問い合わせ先

一般財団法人 日本医療教育財団 本部事務局
〒101-0064 東京都千代田区猿楽町2-2-10
TEL:03-3294-6624(代) / FAX:03-3294-1787






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP