トップページ経営・労務系の資格 ≫ 経営士



■■ 経営士 ■■

経営士は、社団法人日本経営士会の正会員(経営士)として必要な高度の専門知識、経営支援のやり方並びに適性の判定を目的とする資格です。





■ 受験資格

大学卒業程度以上の学識と経営管理の実務経験を有する者で、独立専門職業人としての経営コンサルタント及び企業の経営など企業内の業務に携わっている方は誰でも受験することが出来る。

但し、次のいずれかの一つに該当する者は、試験を受けることができない。
1.成年被後見人または被保佐人
2.禁固以上の刑に処せられた者で、その執行を終わり又は執行を受けなくなってから2年を経過しない者
3.法律によって定められた職業資格について、業務の停止、登録の抹消、免許の取消等の処分を受けた者で、これら処分を受けた日から2年を経過しない者

■ 資格試験の内容

試験の種類は、1.筆記試験、2.面接試験、3.経歴審査 とする。
1.筆記試験
(1) 共通試験 受験者全員に課す経営課題について2時間で論述する。
(2) 専門試験 受験者全員に課す経営・生産・販売・人事・財務・情報の6つの専門科目より2科目事前選択して合計3時間で解答する。

2.面接試験
 試験委員によって、正会員として必要な知識、技量、資質、その他について行う。

3.経歴審査
 業績を文書資料により審査する。
※次の各項のいずれかに該当し、試験委員会において不適と指摘されない者。
・経営コンサルタントとして、経営指導の実績が継続7年(通算10年)以上有する者
・短期大学以上の教育機関において教授、助教授、講師として、経営管理に関する専門科目についての教育実績5年(通算7年)以上を有する者。
・全能連マネジメント・コンサルタントとして、現に登録している者。
・次の有資格者で、経営指導の実績が継続7年以上有する者。
 弁護士 公認会計士 税理士 技術士 一級建築士 社会保険労務士 中小企業診断士 ?経営コンサルティングを主とする企業のコンサルティング・スタッフとして経営指導の実績7年以上を有しその経営者から推薦のある者。
・企業・団体の役員・管理者として、経営管理の実績が通算10年以上の経験を有する者。

■ 資格合格率

■ 資格試験日

筆記試験 : 毎年5月第2日曜日と11月の第1日曜日
面接試験 : 毎年6月及び12月の第1日曜日

■ 受験料

◆ 受験料 10,000円
◆ 入会証拠金  80,000円(本会の入会金に充当、不合格の場合は返還)
◆ 年会費 50,000円

■ 試験実施会場

東京都・大阪府他

■ 合格ライン・合格発表

1.試験結果は、6月20日又は12月20日(当日が、土曜、日曜、祭日の場合はその翌日)付文書で各人あて通知する。
2.合否に関する問い合わせには、応じない。

■ 受験対策



■ 問い合わせ先

社団法人 日本経営士会
〒102-0083
東京都千代田区麹町3−12−5近代ビル5F
TEL 03-3239-0691 FAX 03-3239-1831






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP