トップページ建築・土木系の資格 ≫ 型わく支保工の組立て等作業主任者



■■ 型わく支保工の組立て等作業主任者 ■■

型わく支保工の組立て等作業主任者は安全衛生管理体制に関する法令により型わく支保工の組立、解体などの作業を行なう場合には資格所有者を主任者として選任しなければなりません。

型わく支保工の組立て等作業主任者とは型わく支保工(スラブ、梁受けのパイプサポート、型わく溝台など)の組立て、解体などの作業を行なう上で主任者になるために必要な資格です。

資格の取得には労働局に指定された団体の行なう「型わく支保工の組立て等作業主任者技能講習」を受講し修了試験に合格する必要があります。





■ 受講資格

実務経験:型わく支保工の組立などの作業経験3年(実務経験は18歳以降から計算)
※必要な年齢制限、実務経験は学歴、従事した経験によって異なります。

■ 講習の内容

・作業の方法に関する知識
・工事用設備、機械、器具作業環境などに関する知識
・作業者に対する教育などに関する知識
・関係法令
・修了試験

■ 資格合格率

■ 資格試験日

技能講習を行なう各団体によって異なります。

■ 受験料

10,000円前後(テキスト料金含まず)
※受講料は技能講習を行なう団体によって異なります。

■ 試験実施会場

技能講習を行なう各団体によって異なります。

■ 合格ライン・合格発表

■ 受験対策



■ 問い合わせ先

日本産業技能教習協会
社団法人日本鳶工業連合会
財団法人日本産業技能教習協会






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP