トップページ建築・土木系の資格 ≫ 建設業経理士(1・2級)



■■ 建設業経理士(1・2級) ■■

建設業経理士(1・2級)とは、従来建設業経理事務士(1・2級)を廃止した上ステップアップさせた資格として、平成18年度より創設されました。

資格がなければ行えない業務ではありませんが、複雑化する建設業の事務処理は、専門性の高い能力が必要とされます。

取得していれば、建設業への転職、就職に有利になることは間違いありません。

資格試験は、建設業振興基金が主催して行われています。





■ 受験資格

どなたでも、希望の級を受験することができます。

■ 資格試験の内容

【1級 】建設業原価計算、財務諸表論及び財務分析
上級の建設業簿記、建設業原価計算及び会計学を修得し、会社法その他会計に関する法規を理解しており、建設業の財務諸表の作成及びそれに基づく経営分析が行えること。 ※1級は原価計算、財務諸表、財務分析の3科目から成る科目合格制をとっており、3科目全てに合格すると1級資格者となります。

【2級】建設業の簿記・原価計算及び会社会計
実践的な建設業簿記、基礎的な建設業原価計算を修得し、決算等に関する実務を行えること。

■ 資格合格率

■ 資格試験日

5月、11月(年2回)

■ 受験料

1級(1科目) 7,200円
1級(2科目同日受験) 10,300円
1級(3科目同日受験) 13,300円
2級 6,100円

■ 試験実施会場

各都道府県

■ 合格ライン・合格発表

■ 受験対策



■ 問い合わせ先

(一財)建設業振興基金 建設業経理検定試験センター
TEL:03-5473-4581






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP