トップページ建築・土木系の資格 ≫ 建築積算士(建築積算有資格者)



■■ 建築積算士(建築積算有資格者) ■■

建築積算士とは、建築生産過程における工事費の算定、並びにこれに付帯する業務に関し、高度な専門知識及び技術を有する専門家です。

平成21年度より「建築積算資格者」が名称変更された資格で、資格試験は公益社団法人 日本建築積算協会が実施しています。

建築物の設計図などに基づいて適正な積算が行われているのかを積算する為の技術認定試験です。





■ 受験資格

一次試験を受ける年の4月1日現在、満17歳以上の方なら誰でも受験できます。
二次試験受験資格は、一次試験に合格した方、及び一次試験を免除された方となります。

■ 資格試験の内容

(1)一次試験の構成
・出題形式:4肢択一式
・出題範囲:建築積算士ガイドブック全章、建築数量積算基準、建築工事内訳書標準書式
・問題数: 50問
(2)二次試験の構成
@短文記述試験 ・試験時間:1時間
・出題範囲:
 建築積算士ガイドブックのうち第1〜4章、第9〜15章を対象とする。
・問題数:2問
・問題形式:問題に対する解答を短文(200字以内)で記述。
A実技試験 ・試験時間:4時間30分
・出題範囲:
  建築積算士ガイドブックのうち第5〜8章、第9〜15章、
  建築数量積算基準、内訳書標準書式を対象とする。
・問題数:
  躯体(コンクリート型枠、鉄筋)、鉄骨、仕上、
  内訳明細作成・工事費算出(以上4分野)
・問題形式:
  図面に基づき、数量を計測、計算する。内訳明細を作成する。

■ 資格合格率

■ 資格試験日

一次試験 10月
二次試験 翌1月

■ 受験料

26,250円(消費税含む)

■ 試験実施会場

札幌・盛岡・仙台・東京・名古屋・富山・大阪・広島・福岡・鹿児島・沖縄(全国11都市11会場)

■ 合格ライン・合格発表

■ 受験対策



■ 問い合わせ先

公益社団法人 日本建築積算協会
〒105-0014
東京都港区芝 3-16-12 サンライズ三田ビル 3階
TEL 03-3453-9591






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP