トップページ建築・土木系の資格 ≫ 基礎施工士



■■ 基礎施工士 ■■

建設工事において極めて重要な専門分野である基礎工事のうち、場所打ちコンクリート杭は、地盤状況や施工状況などについて適切な判断および対応措置を必要とする現場造成杭です。

場所打ちコンクリート杭を慎重な施工と高度な品質管理により、良質な工事を安全かつ円滑に施工するために必要な知識と技術を備えた施工管理者が基礎施工士です。

資格の取得には「財団法人日本基礎建設協会」の行なう基礎施工士検定試験を受験し合格する事が必要です。





■ 受験資格

実務経験が必要です。
【大学卒】
・指定学科…1年6ヶ月以上
・指定学科以外…2年6ヶ月以上

【短大・高専卒】
・指定学科…2年6ヶ月以上
・指定学科以外…3年6ヶ月以上

【高校卒】
・指定学科…3年6ヶ月以上
・指定学科以外…5年6ヶ月以上

【中学卒】…8年以上

■ 資格試験の内容

・場所打ちコンクリート杭の施工と管理
・場所打ちコンクリート杭の施工と管理(地中壁杭工法版/平成24年度追加)
・場所打ちコンクリート杭施工指針・同解説

学科試験
・設計
・土質
・安全衛生
・主材料
・施工
・関連法規

■ 資格合格率

■ 資格試験日

日本基礎建設協会で発表

■ 受験料

15,000円

■ 試験実施会場

東京、名古屋、大阪、広島、福岡

■ 合格ライン・合格発表

■ 受験対策



■ 問い合わせ先

一般社団法人 日本基礎建設協会






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP