トップページ建築・土木系の資格 ≫ 木造建築物の組立て等作業主任者



■■ 木造建築物の組立て等作業主任者 ■■

木造建築物の組立て等作業主任者は軒の高さが5m以上の木造建築物の組立てや屋根下地、外壁下地などの取付け作業を行なう為に必要な資格です。

資格の取得は労働局に指定された団体の行なう木造建築物の組立て等作業主任者技能講習を受講し修了試験に合格することで取得することができます。

日本の家屋は木造が中心である事からも木造建築物の組立て等作業主任者技能資格は建設を行なう上で重要な資格の一つと言えるでしょう。





■ 受講資格

実務経験:木造建築物の組立などの作業経験3年(実務経験は18歳以降から計算)
※高校、高専、大学のおいて建築、土木を専攻卒業した者は2年。

■ 講習の内容

・作業者に対する教育の知識
・関係法令
・木造建築物の構造部材の組立ての知識
・屋根下地の取付けの知識
※受講内容は技能講習を行なう各団体によって異なります

■ 資格合格率

■ 講習日

講習日は技能講習を行なう団体によって異なります

■ 受講料

10,000円前後(テキスト料金含まず)
※受講料は技能講習を行なう団体によって異なります。

■ 試験実施会場

試験会場は技能講習を行なう団体によって異なります

■ 合格ライン・合格発表

■ 受験対策



■ 問い合わせ先

社団法人全国中小建設工事業団体連合会
建設労働災害防止協会
社団法人日本鳶工業連合会
社団法人東京都鳶工業会






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP