トップページ建築・土木系の資格 ≫ 設備士(空気調和・衛生工学会)



■■ 設備士(空気調和・衛生工学会) ■■

設備士(空気調和・衛生工学会)検定試験は、空気調和および給排水衛生設備にかかわる者の、技術者としての基礎的・専門的な技術・知識の習得度を判定する試験で、空気調和・給排水衛生設備にかかわる技術者の育成とこれに基づく技術の向上を目的としています。

検定試験は、公益社団法人 空気調和・衛生工学会が主催して実施されています。





■ 受験資格

区分 最終学歴 空気調和・給排水・衛生設備に関する実務経験年数 摘要
(イ) 大学理科系課程
(1)新制大学
(2)旧制大学
(3)旧制専門学校
卒業後満0年 卒業証明書の提出をもって受験できる。
(大学院の修了証明書は不可)
数学科・物理学科は理科系とする。
(ロ) 短期大学理科系課程
(1)短期大学
(2)高等専門学校
卒業後満1年以上 短期大学,高等専門学校は学校教育法(昭和22 年法律第26 号)によるもので,各種専門学校,専修学校は除く。
(ハ) 高等学校理科・工業系課程
(1)高等学校
(2)旧制中学校(実業系)
卒業後満4年以上 普通科,商業科,家政科などの理科・工業系以外は(ニ)項に該当。農業科,水産科,窯業科は理科・工業系と認定。
(3)高等学校建築設備系 卒業後満3年以上 1 年短縮を決定
(ニ) (イ),(ロ),(ハ),(ホ)に該当しない者 満18歳以上で満7年以上 設備士資格検定委員会において,(イ),(ロ),(ハ),(ホ)と同等以上の知識および技能を有すると認められた者。
(イ),(ロ),(ハ),(ホ)に該当する者で,本項の条件を満たす者は,卒業証明書の提出を省略し本項の資格をもって受験することができる。
(ホ) (イ),(ロ),(ハ)に該当しない各種学校を卒業した者 設備士資格検定委員会で実務経験年数を認定 認定された学校
注:実務経験とは
建築設備の設計、工事監理、施工管理、見積、積算等の業務および建築設備に関する教育・研究機関、行政等に従事した経験をいい、建築設備に関する設計図書のトレース、工事における単なる労務者としての経験、アルバイト等は含みません。

職業能力開発施設または職業能力開発総合大学校の卒業者は以下の受験資格となります。
ただし、卒業証明書が必要です。
受験資格 学 校 課 程
(イ) 職業能力開発総合大学 長期課程
(ロ) 職業能力開発大学校または職業能力開発短期大学校 専門課程
(ニ) 上記以外の職業能力開発施設修了者
ただし、訓練期間は実務経歴年数に加算出来る。

■ 資格試験の内容

【空調部門】
・暖房、冷房、換気、空気調和の計画、設計、施工の専門知識
・環境、エネルギー、安全などに関する専門知識
・給湯、消火、排水、衛生器具、し尿浄化槽、その他の計画、設計、施工の基本知識

【衛生部門】
・給水、給湯、消火、排水、衛生器具、し尿浄化槽、その他の計画、設計、施工の専門知識
・環境、エネルギー、安全などに関する専門知識
・暖房、冷房、換気、その他の計画、設計、施工の基本知識

■ 資格合格率

■ 資格試験日

空調部門: 平成25年11月23日(土)
衛生部門: 平成25年11月24日(日)

■ 受験料

1部門 8,400円(消費税込)

■ 試験実施会場

東京・大阪・名古屋・札幌・仙台・新潟・広島・福岡・那覇

■ 合格ライン・合格発表

■ 受験対策



■ 問い合わせ先

公益社団法人 空気調和・衛生工学会
〒169-0074
東京都新宿区北新宿一丁目8番1号 中島ビル(地図)
TEL03-3363-8261 FAX03-3363-8266






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP