トップページ建築・土木系の資格 ≫ 商業施設士



■■ 商業施設士 ■■

商業施設士とは、生活者が日常利用しているあらゆる商業施設の、運営管理システムや店舗の構成・デザインなどを総合的に計画、監理を行なう専門家です。

生活者のニーズの多様化、個性あるライフスタイル、高齢者や障害者の安全、安心な暮らし、ゆとりや楽しさ、快適さの追求など、日々変化する新しい生活スタイルに対応するため、商業施設は大きな変革の時代を迎えています。

街を活性化するための再開発、新たな業態へ転換するための改装やリニューアルを進める上で、その主役は常に商業施設であり、街づくりの顔となるものです。





■ 受験資格

(1)学科試験のみ:満20歳以上の方は、どなたでも受験することができます。
(2)学科試験+構想表現(実技)試験:満20歳以上であって、下表の構想表現(実技)試験の受験資格に該当する方。
区分 最終卒業学校または資格 実務経験年数
商業施設関連課程卒 左記以外の課程卒
学歴+実務 大学・短期大学
高等専門学校
専修学校・専門課程
高等学校
卒業後 1年以上
〃 1年以上
〃 1年以上
〃 2年以上
卒業後 2年以上
〃 2年以上
〃 2年以上
〃 3年以上
資格 一級・二級・木造建築士
インテリアプランナー
再開発プランナー
中小企業診断士
一級販売士
インテリアコーディネーター
0年
商業施設士補 大学
短期大学・専門学校 士補資格取得翌年度の試験より受験可
実務のみ 実務経験のみ 5年以上

■ 資格試験の内容

【学科試験】
種別 問題数 時 間 内 容
共通問題 20問 40分 本会発刊書籍「商業施設・創造とデザイン」全般と、商業施設及び商業施設技術に係る一般的な常識問題
選択問題 30問 60分 書籍「商業施設・創造とデザイン」の章項目名
※以下の4科目より2科目を選択
【生活と商業】
T商業と生活
Uさまざまな商業のかたち
【企画と計画】
Uさまざまな商業のかたち
V店舗のつくり方
【施設と設計】
W施設のつくり方
X設計図書のつくり方
【監理と施工】
Y監理と制作・施工
Z維持管理

【構想表現(実技)試験】
構想表現(実技)試験は、「文章表現」による方法と「図案表現」による方法の2つのうち、1つを選択。(選択は事前に選択するのではなく、当日受験時に選択。)
文章表現 出題内容・要求図書 商業施設の企画・計画、提案など 時間
与条件の設定にともない、文章や図表を用いて表現する 180分
答案用紙のサイズ・枚数 所定の答案用紙A4判×2枚以上4枚以内
課題名等の発表 5月下旬頃発表します。また、受験票の発送時に課題名を同封します。

図案表現 出題内容 商業施設の構成計画ならびに店舗設計 時間
要求図書の種類 設計主旨 ・・・200字程度
平 面 図 ・・・家具・レイアウトを含む(フリーハンド可)
透 視 図 ・・・着色のこと(フリーハンド可)
180分
答案用紙のサイズ・枚数 A3判×2枚
課題名の発表 5月下旬頃発表します。また、受験票の発送時に課題名を同封します。

■ 資格合格率

約48%

■ 資格試験日

学科試験・構想表現(実技)試験:6月

■ 受験料

学科試験のみ: 12,600円(うち消費税額 600円)
学科試験+構想表現(実技)試験: 21,000円(うち消費税額1,000円)
構想表現(実技)試験のみ: 12,600円(うち消費税額 600円)

■ 試験実施会場

札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・福岡・沖縄

■ 合格ライン・合格発表

■ 受験対策



■ 問い合わせ先

(公社)商業施設技術団体連合会 事務局
〒108-0014 東京都港区芝5−26−20 建築会館






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP