トップページ建築・土木系の資格 ≫ 特殊建築物等調査資格者



■■ 特殊建築物等調査資格者 ■■

特殊建築物等調査資格者は建築物の維持保全を行なう為の資格で、建築物に対する点検は防火対策や避難経路が適正に確保、維持されているか、建築物の昇降機などが安全、正常に動いているのかなどの調査や報告を行ないます。

特殊建築物等調査資格者は国土交通大臣登録を受けた団体によって開催されている「特殊建築物等調査資格者講習」を受講し修了考査に合格する事で資格の取得が出来ます。





■ 受験資格

学校 学 科 卒業後の建築に関する実務経験年数
大 学 建築工学科、建築学科、建築科、建設工学科、環境デザイン学科、環境都市工学科、建築CAD設計科、建築設計科、住居学科、建設科、建築デザイン科、生活環境学科、建設環境工学科、建築設備工学科、建築デザイン学科、住居環境科、デザイン学科、土木学科、土木工学科、建築設備工学科、建築設備科、設備工業科、衛生工業科、機械工学科、機械学科、建築科、生産機械工学科、精密機械工学科、応用機械工学科、電気工学科、電気学科、電気科、電気技術科、電気工作科、電子科、電子工学科、電気電子工学科、電気通信工学科、通信工学科 2年以上
3年制短期大学(夜間を除く) 3年以上
2年制短期大学 4年以上
高 校 7年以上
建築に関して11年以上の実務経験を有する者
特定行政庁職員として建築行政に関して、2年以上の実務経験を有する者
消防吏員として、5年以上の火災予防業務の実務経験を有する者
甲種消防設備士として、5年以上の実務経験を有する者
防火対象物点検資格者として、5年以上の実務経験を有する者
上記と同等以上の知識及び実務経験を有する者

■ 資格試験の内容

 ・特殊建築物等定期調査制度総論
 ・建築学概論
 ・建築基準法令の構成と概要
 ・特殊建築物等の維持保全
 ・建築構造
 ・防火・避難
 ・その他の事故防止
 ・特殊建築物等調査業務基準等
 ・修了考査

■ 資格合格率

■ 資格試験日

東京:10月、12月(2回)
福岡:10月
名古屋:10月
大阪:11月

■ 受験料

49,350円(テキスト代含む・消費税込み)

■ 試験実施会場

東京
福岡
名古屋
大阪

■ 合格ライン・合格発表

■ 受験対策



■ 問い合わせ先

一般財団法人 日本建築防災協会 特建講習会係(業務部)
〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-3-20虎ノ門YHKビル3F
Tel:03-5512-6453






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP