トップページ金融・保険・証券系の資格 ≫ ファイナンシャルプランナー(AFP・CFP)



■■ ファイナンシャルプランナー(AFP・CFP) ■■

ファイナンシャルプランナー(AFP・CFP)は、日本ファイナンシャルプランナー協会が行う、資産やライフプランについてのアドバイザーの資格です。

景気の低迷や失業率の増加によりライフプランを設計、提案を行うことは現在非常に主要が高まっています。

金融だけでなく不動産や保険、税金などの視野からも分析や調査を行いますので、幅広く豊富な知識が必要とされる資格であるといえます。

景気や少子高齢化等の影響で資産運用などを検討する人が増えてきていますので特に金融業界に携わる人は是非とも取得しておきたい資格の一つであるといえます。





■ 受験資格

【FP(ファイナンシャルプランナー)2級】
1.日本FP協会の認定するAFP認定研修を修了した者
2.3級の技能検定に合格した者
3.2年以上の実務経験を有する者

【AFP】
AFP認定研修の修了、かつ2級FP技能検定(兼AFP資格審査試験)に合格し、日本FP協会に資格認定会員として入会すること

【CFP】
AFP資格審査試験合格後、日本FP協会に入会し1年以上在席した者

■ 資格試験の内容

【AFP】
マークシート、6科目60問、120分
・ライフプランニングと資金計画
・リスク管理
・金融資産運用
・タックスプランニング
・不動産
・相続
・事業継

【CFP】
マークシート、50問、120分
・金融資産運用設計
・不動産運用設計
・ライフプランニング
・リタイア面とプランニング
・リスクと保険
・タックスプランニング
・相続、事業承継

■ 資格合格率

11.7%

■ 資格試験日

【AFP】
5月、9月、1月

【CFP】
6月、11月

■ 受験料

【AFP】
[学科試験]…4200円
[実技試験]…4500円

【CFP】
1科目5250円

■ 試験実施会場

■ 合格ライン・合格発表

■ 受験対策

■ 問い合わせ先

日本ファイナンシャルプランナー協会






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP