トップページ公務員の資格 ≫ 国家公務員総合職



■■ 国家公務員総合職 ■■

国の政策立案にかかわる職務につくような非常に重要な試験です。
行政サービスの基盤を支える優秀かつ多様な人材を確保するために採用試験の基本的な見直しが図られ、2012年度に新制度が制定されました。
試験は、大学院修了者および終了見込み者を対象とした院卒者試験(9試験区分)と大卒程度試験(11試験区分)に分かれて行われます。





■ 受験資格

試験実施年4月1日現在、次のいずれかに該当するもの

【院卒者試験】
@法務区分以外:30歳未満で、大学院修士課程または専門職大学院専門学位課程の修了者および翌年3月までに終了見込みのもの、並びに人事院がこれらと同等の資格があると認めるもの
A法務区分:30歳未満で、法科大学院の課程を終了したもので司法試験の合格者、並びに人事院がこれらと同等の資格があると認めるもの

【大卒程度試験】
@21歳以上30歳未満のもの
A21歳未満のもので、大学を卒業したものおよび翌年3月までに卒業見込みのもの、または人事院がこれらと同等の資格があると認めるもの ほか

■ 資格試験の内容

【院卒者試験】
・試験区分
@行政
A人間科学
B工学
C数理化学・物理・地球科学
D科学・生物・薬学
E農業科学・水産
F農業農村工学
G森林・自然環境
H法務

・1次:法務区分は次の@のみ、それ以外は@A
@基礎能力試験(多肢選択式)
A専門試験(多肢選択式)

・2次:法務区分は次のABのみ、それ以外は@AB
@専門試験(記述式)
A政策課題討議試験
B人物試験

【大卒程度試験】
試験区分
@政治・国際
A法律
B経済
C人間科学
D工学
E数理化学・物理・地球科学
F科学・生物・薬学
G農業科学・水産
H農業農村工学
I森林・自然環境
J教養

・1次:教養区分は次の@B、それ以外は@A
@基礎能力試験(多肢選択式)
A専門試験(多肢選択式)
B総合論文試験

・2次:教養区分は次のBCD、それ以外は@AD
@専門試験(記述式)
A政策論文試験
B政策課題討議試験
C企画提案試験(小論文・口述式)
D人物試験

■ 資格合格率

5.0%

■ 資格試験日

人事院のHPで確認

■ 試験実施会場

全国主要都市

■ 受験対策

■ 問い合わせ先

人事院






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP