トップページ航空系の資格



■■ 航空系の資格 ■■

航空関係の資格は、専門的な知識や技能が必要で、難易度もかなり高いものが多いようです。
人命を預かるような責任の重い資格ですので、その分やりがいもある職種に就けることでしょう。





定期運送用操縦士(飛行機・回転翼)

航空系の資格 定期運送用操縦士は、航空関係の免許の中でも最も難易度が高く、パイロット養成機関である航空大学校などを卒業後・・・

事業用操縦士(飛行機・回転翼)

航空系の資格 飛行機・回転翼機の事業用操縦士は、報道や遊覧などを目的とし、一人で操縦できる飛行機やヘリコプターを操縦するための資格です。

事業用操縦士(滑空機・飛行船)

航空系の資格 報道や農薬散布その他の事業を目的として、グライダーや飛行船を操縦するためには、この資格が必要です。

自家用操縦士(飛行機・回転翼)

航空系の資格 自家用操縦士資格をとれば飛行機なら自家用飛行機を、回転翼機ならヘリコプターを趣味として操縦できるようになります。

自家用操縦士(滑空機・飛行船)

航空系の資格 グライダーを趣味として楽しみたい方のための免許が自家用操縦士・滑空機で、動力滑空機と上級滑空機の2種類があります。

航空整備士

航空系の資格 飛行機の機体を構成する何万という部品が正しく機能し、精度・性能が保持されているかどうかを点検・保守が主な仕事です。

航空工場整備士

航空系の資格 航空工場整備士は、機体構造や計器、無線通信機器など9つの専門分野ごとに限定して整備業務を行い、飛行のために・・・

航空工場検査員

航空系の資格 航空機の製造や修理の確認、航空機用機器の製造証明等は航空工場検査院試験の合格者の中から事業者が選任した航空検査・・・

運航管理者

航空系の資格 航空管理者の主な業務は、航空機乗務員に対して、適切な情報提供と指示を行うことであり、多くの人命にかかわる重要な仕事です。

航空管制官

航空系の資格 全国各地の空港などで、管制室から旅客機や輸送機の操縦士へ情報提供を行い、指示を与えるのが、航空管制官の主な業務です。






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP