トップページ航空系の資格 ≫ 航空整備士



■■ 航空整備士 ■■

航空整備士は航空機の整備を行なう仕事であり、航空機が安全に運行する為には必要不可欠な資格です。
航空整備士資格は国土交通省が認定する国家資格です。
この航空整備士の受験資格を得る為には二つの方法があり「国土交通大臣指定航空従事者養成施設」に入学し実地免除で資格を取得する方法と実務経験を積み受験資格を得て資格を取得する方法があります。

航空整備士は、飛行機の機体を構成する何万という部品が正しく機能し、精度・性能が保持されているかどうかを点検・保守するのが仕事です。
一般に航空会社では、航空整備士を「装備(レーダー、計器、航法装置、エンジン)」、「ライン整備」の2部門に分けて配属されます。

特にライン整備は大型航空機を取り扱う立場上、一等航空整備士の国家資格が必要となる。航空機の安全なフライトのために、航空整備士には強い責任感が必要です。
正確な技術と機体に対する深い知識を持ち、注意を払って冷静に業務できる人が適しています。





■ 受験資格

一等航空整備士:20歳以上で4年以上の航空機の整備実務経験があるもの
二等航空整備士:19歳以上で3年以上の航空機の整備実務経験があるもの

■ 資格試験の内容

1・2等共
学科試験:
・空力
・機体
・航空法規
・発動機
・電子装備品等
・航空通信
・空中法
・航空気象
・空中操作
・その他

実技試験:
・整備基本技術
・整備、検査知識
・動力操作
・点検作業
・整備技術

■ 資格合格率

21.3%

■ 資格試験日

【一等航空整備士】
7月、翌3月
【二等航空整備士】
7月、11月、翌3月

■ 受験料

【一等航空整備士】
学科:5600円
実地:50100円
登録免許税:9000円

【二等航空整備士】
学科:5600円
実地:45000円
登録免許税:6000円

■ 試験実施会場

千歳・岩沼・東京・名古屋・大阪・福岡・宮崎・那覇

■ 受験対策



■ 問い合わせ先

国土交通省航空局技術部運航安全課
〒100−8918
東京都千代田区霞ヶ関2−1−3
TEL03−5253−8111






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP