トップページ航空系の資格 ≫ 事業用操縦士(飛行機・回転翼)



■■ 事業用操縦士(飛行機・回転翼) ■■

飛行機・回転翼機の事業用操縦士は、報道や遊覧などを目的とし、一人で操縦できる飛行機やヘリコプターを操縦するための資格です。
受験するには一定の飛行経験や高度な専門知識が要求されますが、合格すれば、報道取材や旅客運送の業務で活躍できる資格です。





■ 受験資格

【飛行機】18才以上
総飛行時間200時間以上
イ.100時間以上の機長としての飛行
ロ.出発地点から540km以上の飛行で、中間において2回以上の生地着陸をするものを含む20時間以上の機長としての野外飛行
ハ.機長としての5回以上の離陸及び着陸を含む5時間以上の夜間の飛行
ニ.10時間以上の計器飛行

【回転翼機】18才以上
総飛行時間150時間以上
イ.35時間以上の機長としての飛行
ロ.出発地点から300km以上の飛行で、中間において2回以上の生地着陸をするものを含む10時間以上の機長としての野外飛行
ハ.機長としての5回以上の離陸及び着陸を含む5時間以上の夜間の飛行
ニ.10時間以上の計器飛行
ホ.オートロテイションによる着陸

■ 資格試験の内容

【飛行機】
学科
@航空工学(飛行理論に関する一般知識 ほか)
A航空気象(天気図の読解に必要な知識 ほか)
B空中航法(地文航法および推測航法 ほか)
C航空通信(概要)
D航空法規
実地
@運行に必要な知識
A飛行前作業
B飛行場および場周経路における運航
C基本的な計器による飛行 ほか

【回転翼機】
学科
@航空工学(飛行理論に関する一般知識 ほか)
A航空気象(天気図の読解に必要な知識 ほか)
B空中航法(地文航法および推測航法 ほか)
C航空通信(概要)
D航空法規
実地
@運行に必要な知識
A飛行前作業
B飛行場および場周経路における運航
C地表付近における操作
D各種離着陸ならびに着陸履行および離陸中止 ほか

■ 資格試験日

年6回:5月、7月、9月、11月、翌1月、3月

■ 受験料

学科:5600円
実地:56500円
登録免許税:7500円

■ 試験実施会場

千歳・岩沼・東京・名古屋・大阪・福岡・宮崎・那覇
5月、9月、11月、1月は東京・大阪のみ実施

■ 資格合格率

74.8%

■ 受験対策



■ 問い合わせ先

航空大学校教務課教務係
〒880−0912
宮崎県宮崎市大字赤江字飛江田652−2
TEL0985−51−1324

国土交通省航空局技術部運航安全課
〒100−8918
東京都千代田区霞ヶ関2−1−3
TEL03−5253−8111






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP