トップページ航空系の資格 ≫ 事業用操縦士(滑空機・飛行船)



■■ 事業用操縦士(滑空機・飛行船) ■■

報道や農薬散布その他の事業を目的としてグライダーや飛行船を操縦するためには、この資格が必要です。
受験するためには一定の飛行経験や高度な専門知識を身につけなければなりませんが、グライダーや飛行船には飛行機とは一味違った魅力があります。





■ 受験資格

【動力滑空機】18歳以上
出発地点から240Km以上の野外飛行で、中間で2回以上の生地着陸などを含む飛行経験を有するもの。

【上級滑空機】18歳以上
機長として、5回以上の失速からの回復の方法の実施などを含む、15時間以上の滑空を行った経験を有するもの。

【飛行船】18歳以上
飛行船による20回以上の離着陸を含む、50時間以上の機長としての飛行などを含む200時間以上の飛行経験を有するもの。

■ 資格試験の内容

【動力滑空機】
学科
@航空工学
A滑空機飛行に関する気象
B空中航法
C航空通信(概要)
D国内航空法規
実地
@運航に必要な知識
A飛行前作業
B飛行場及び場周経路における運航
C航空交通管制機関等との連絡

【上級滑空機】
学科
@航空工学
A滑空機飛行に関する気象
B空中航法
C国内航空法規
実地
@運航に必要な知識
A飛行前作業
B飛行場及び場周経路における運航

【飛行船】
学科
@航空工学
A航空気象
B空中航法
C航空通信(概要)
D国内航空法規(国内航空法規、国際航空法規の概要)
実地
@運航に必要な知識
A飛行前作業
B基本的な計器による運航 ほか

■ 資格試験日

年3回:7月、11月、翌3月

■ 受験料

【動力滑空機】
学科:5600円 実地:48100円 登録免許税:7500円

【上級滑空機】
学科:5600円 実地:25400円 登録免許税:7500円

【飛行船】
学科:5600円 実地:56500円 登録免許税:7500円

■ 試験実施会場

千歳・岩沼・東京・名古屋・大阪・福岡・宮崎・那覇

■ 受験対策



■ 問い合わせ先

国土交通省航空局技術部運航安全課
〒100−8918
東京都千代田区霞ヶ関2−1−3
TEL03−5253−8111






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP