トップページ航空系の資格 ≫ 定期運送用操縦士(飛行機・回転翼)



■■ 定期運送用操縦士(飛行機・回転翼) ■■

定期運送用操縦士は、航空関係の免許の中でも最も難易度が高く、パイロット養成機関である航空大学校などを卒業後、長期間の訓練と実務経験が必要です。

専門知識と高度な技術、さらに、万が一のときに的確な処置を施す冷静な判断力も求められる高度な資格です。





■ 受験資格

【飛行機】21才以上
総飛行時間1500時間以上
イ.100時間以上の野外飛行を含む250時間以上の機長としての飛行
ロ.200時間以上の野外飛行
ハ.100時間以上の夜間の飛行
ニ.75時間以上の計器飛行

【回転翼航空機】21才以上
総飛行時間1000時間以上
イ.100時間以上の野外飛行を含む250時間以上の機長としての飛行
ロ.200時間以上の野外飛行
ハ.50時間以上の夜間の飛行
ニ.30時間以上の計器飛行

■ 資格試験の内容

飛行機
【学科】 @航空工学(飛行機理論に関する一般知識 ほか)
A航空気象(気象観測法及び航空気象通報式の概要 ほか)
B空中航法(地文航法、推測航法および無線航法 ほか)
C航空通信(概要)
D航空法規(国内航空法規、国際航空法規の概要)

【実地】
@運行に必要な知識
A飛行前作業
B飛行場及び場周経路における運行
C基本的な計器による飛行
D各種離着陸ならびに着陸履行および離陸中止 ほか

回転翼機 【学科】 @航空工学(飛行機理論に関する一般知識 ほか)
A航空気象(気象観測法及び航空気象通報式の概要 ほか)
B空中航法(地文航法、推測航法および無線航法 ほか)
C航空通信(概要)
D航空法規(国内航空法規、国際航空法規の概要)

【実地】
@運行に必要な知識
A飛行前作業
B飛行場及び場周経路における運行
C基本的な計器による飛行
D各種離着陸ならびに着陸履行および離陸中止
E地表付近における操作

■ 資格試験日

年3回:7月、11月、3月

■ 資格合格率

59.6%

■ 受験料

学科:5600円
実地:67400円
登録免許税:18000円

■ 試験実施会場

東京・大阪・那覇

■ 受験対策



■ 問い合わせ先

航空大学校教務課教務係
〒880−0912
宮崎県宮崎市大字赤江字飛江田652−2
TEL0985−51−1324

国土交通省航空局技術部運航安全課
〒100−8918
東京都千代田区霞ヶ関2−1−3
TEL03−5253−8111






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP