トップページ教育系の資格 ≫ 特別支援学校教諭



■■ 特別支援学校教諭 ■■

特別支援学校教諭は、盲学校、ろう学校、養護学校や一般校に併設されている特殊学級において働くために必要な資格です。

肢体が不自由な生徒や、言語障害を持つ生徒のの自立活動を担当する、教師の中でも専門性の高い仕事であると言えます。

そのため、試験内容も難しく、合格率も低い資格です。





■ 受験資格

【2種免許状】
小学校、中学校、高等学校または、幼稚園教諭の普通免許状を取得した者で、小学校、中学校、高等学校で3年以上の実務経験を持ち、必要とされる6単位以上を大学で習得した者

【1種免許状】
学士の学位を有し、小学校、中学校、高等学校または、幼稚園教諭の普通免許状を取得した者で、特別支援学校のU種免許、3年以上の実務経験を持ち、必要とされる6単位以上を大学で習得した者

【専修免許状】
修士の学位を有し、小学校、中学校、高等学校または、幼稚園教諭の普通免許状を取得した者で、特別支援学校のT種免許、3年以上の実務経験を持ち必要とされる15単位以上を大学院等で習得した者

■ 資格試験の内容

【一次試験】
筆記試験

【二次試験】
面接
実技

■ 資格合格率

約13%

■ 資格試験日

一次試験 8月
二次試験 10月

■ 受験料

■ 試験実施会場

■ 合格ライン・合格発表

■ 受験対策



■ 問い合わせ先

文部科学省
初等中等教育局特別支援教育課






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP