トップページパソコン・IT系の資格 ≫ C言語プログラミング



■■ C言語プログラミング ■■

C言語プログラミングは、サーティファイ情報処理能力認定委員会が主催するC言語を駆使して応用プログラム(言語処理系、ユーティリティなど)を作成する能力を認定する検定試験です。

1級、2級、3級と能力別にわかれており、簡単なプログラムが書けるレベルから、C言語を駆使し、応用プログラム(言語処理系、ユーティリティなど)が作成できる能力を有するレベルまで認定対象となっています。

いずれにしても、C言語にたいする専門的な知識が問われる検定試験です。





■ 受験資格

特になし。

■ 資格試験の内容

1級(実技試験)
・テーマプログラムに対する仕様変更、仕様追加に対応したプログラムの作成
・変更仕様書の作成

2級(筆記試験)
・Javaの基礎
・Javaの扱うデータ
・演算子
・制御文
・クラスとメソッド
・総称
・パッケージ
・例外処理
・スレッド
・クラスライブラリ
・アプレット

3級(筆記試験)
・Javaの基礎
・Javaの扱うデータ
・演算子
・制御文
・クラスとメソッド

3級(筆記試験)
・定数
・演算子
・型指定士
・変数
・基本制御文
・プリプロセッサ機能
・ライブラリ関数
・その他

■ 資格合格率

51.3%

■ 資格試験日

毎年2月、7月前後

■ 受験料

1級6,900円、2級5,600円、3級4,600円

■ 試験実施会場

札幌、東京(恵比寿、東京駅、代々木、神保町)、名古屋、大阪、福岡

■ 合格ライン・合格発表

試験後約一ヶ月で合否結果、正答率等が記載された「受験結果のお知らせ」を発送します。
また、合格者は「認定証」、1級合格者は加えて「ハイライセンスシール」が発行されます。

■ 受験対策



■ 問い合わせ先

サーティファイ認定試験事務局
〒104-0031
東京都中央区京橋3-3-14京橋AKビル
電話:0120-031-749
FAX:0120-031-750






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP