トップページパソコン・IT系の資格 ≫ ITサービスマネージャ試験(SM)



■■ ITサービスマネージャ試験(SM) ■■

ITサービスマネージャ試験(SM)は、ITサービスの品質とコスト効率の継続的な向上を目的としてITサービスをマネジメントする業務に従事し、指導することができる知識、能力を認定する国家資格です。

運用管理チーム、オペレーションチーム、サービスデスクチームなどのリーダとして、サービスサポートとサービスデリバリのプロセスを整備・実行し、最適なコストと品質で顧客にITサービスを提供したり、 アプリケーションに関するライフサイクル管理のうち、システムの受入れ、運用などを行う。また、開発環境を含めて安定した情報システム基盤を提供し、効率的なシステムの運用管理を行うことができる能力が求められます。





■ 受験資格

誰でも受験できますが、対象者は高度IT人材として確立した専門分野をもち、情報システム全体について、安定稼働を確保し、障害発生時においては被害の最小化を図るとともに、継続的な改善、品質管理など、安全性と信頼性の高いサービスの提供を行う者となっています。

■ 資格試験の内容

(1)サービスサポート、サービスデリバリの各プロセスの目的と内容を理解し、実施することによって、ITサービスを提供できる。
(2)システムの運行管理、障害時運用方式、性能管理、構成管理を実施することができる。システムの運用管理に必要な障害管理、構成管理、課金管理、パフォーマンス管理などの管理技術をもち、情報システム基盤の品質を維持できる。
(3)ITサービスの改善策を立案・実施し、評価するとともに、品質の高いサービスレポートを顧客に報告できる。
(4)実効性の高い情報セキュリティ対策を実施するために必要な知識・技術をもち、情報セキュリティの運用・管理ができる。
(5)導入済み又は導入予定のハードウェア、ソフトウェアについて、安定稼働を目的に、導入、セットアップ、機能の維持・拡張、障害修復ができる。また、データセンタ施設の安全管理関連知識をもち、ファシリティマネジメントを遂行できる。

試験時間・出題形式・出題数(解答数)
9:30〜10:20 (50分) 多肢選択式 出題数:30問 解答数:30問
10:50〜11:30 (40分) 多肢選択式 出題数:25問 解答数:25問
12:30〜14:00 (90分) 記述式 出題数:3問 解答数:2問
14:30〜16:30 (120分) 論述式 出題数:2問 解答数:1問

■ 資格合格率

■ 資格試験日

春期(4月第3日曜日予定)、秋期(10月第3日曜日予定)の年2回実施

■ 受験料

5,100円(税込み)

■ 試験実施会場

全国各地。

■ 合格ライン・合格発表

■ 受験対策



■ 問い合わせ先

独立行政法人 情報処理推進機構






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP