トップページパソコン・IT系の資格 ≫ Linux技術者認定試験



■■ Linux技術者認定試験 ■■

Linux技術者認定試験(LPIC)は現在OSの中でも注目されているLinuxに関する知識、技術力を認定する資格で、特定非営利活動法人LPI-Japan事務局が運営しています。

Linuxは今後OSとしても非常に注目も高く今後も需要が高まってくると予想されています。

Linux技術者認定試験(LPIC)はLinuxに関する知識や技術のレベル別に3つに分かれており、それぞれ習得状況に応じて試験を受ける事が出来ます。





■ 受験資格

特になし。

■ 資格試験の内容

LPICレベル1(101試験)
・システムアーキテクチャ
・Linuxのインストールとパッケージ管理
・GNUとUnixのコマンド
・デバイス、Linuxファイルシステム、ファイルシステム階層標準

LPICレベル1(102試験)
・シェル、スクリプト、及びデータ管理
・ユーザインターフェイスとディスクトップ
・管理業務
・重要なシステムサービス
・ネットワークの基礎
・セキュリティ

LPICレベル2(201試験)
・Linuxカーネル
・システム起動
・ファイルシステムとデバイス
・高度なストレージ
・ネットワーク構成
・システムの保守

LPICレベル2(202試験)
・Webサービス
・ファイル共有
・ネットワーククライアント
・電子メールサービス
・システムのセキュリティ
・トラブルシューティング

LPICレベル3(301試験)
・概念、アーキテクチャおよび設計
・インストールおよび開発
・設定
・使用法
・統合と移行
・キャパシティプランニング

LPICレベル3(302試験)
・概念、アーキテクチャ及び設計
・Sambaの設定とコンパイルとインストール
・Sambaの設定と使用法
・ユーザーとクループの管理
・CIFS、NetBIOS。およびActiveDirectoryとの関連
・セキュリティとパフォーマンス

LPICレベル3(301試験)
・暗号化
・アクセス制御
・アプリケーションセキュリティ
・操作のセキュリティ
・ネットワークセキュリティ

■ 資格合格率

約65%

■ 資格試験日

随時受け付けています。

■ 受験料

LPICレベル1…15750円
LPICレベル2…15750円
LPICレベル3(Core)…31500円
LPICレベル3(Specurity)…21000円

■ 試験実施会場

全国各地

■ 合格ライン・合格発表

試験終了と同時に判別します。

■ 受験対策



■ 問い合わせ先

特定非営利活動法人LPI-Japan事務局
電話:03-3261-3660






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP