トップページパソコン・IT系の資格 ≫ MOS(microsoft office specialist)



■■ MOS(microsoft office specialist) ■■

MOS(microsoft office specialist)とは、マイクロソフトのOffice製品に含まれるExcelやWord、PowerPointなど、あなたが日頃使っているアプリケーションソフトの利用能力を資格として証明できるマイクロソフトが提供する資格認定制度です。

”Excelが使える””Wordが使える”と言ってもどれだけ使いこなせるかは、なかなか言葉だけでは判断しにくいものです。

MOS(microsoft office specialist)は実務で求められるスキルを客観的に測る指標として、世界各国で実施されている実技試験で、合格者には世界共通の合格認定証がおくられます。





■ 受験資格

特になし。

■ 資格試験の内容

【スペシャリストレベル】
基本的な機能を効率よく利用して、一般的なビジネス文書や計算表などを作成し、その変更・印刷等の作業を行うことができる。

【エキスパートレベル】
スペシャリストレベルで要求される基本的な操作方法を十分理解した上で、用途や目的に応じて、環境設定・データの有効活用等の高度な機能を駆使した作業を行うことができる。

■ 資格合格率

■ 資格試験日

方法1:書店・公式ホームページなどで申込みをして、指定された日時、会場で受験する
毎月2回、原則として第1日曜日、第3日曜日に実施(全国の主要都市)

方法2:パソコン教室など、認定された会場で受験する
各会場が日程を設定。毎週試験を実施している会場もあります

■ 受験料

【スペシャリスト】1科目10,290円(税込)
【エキスパート】12,390円(税込)

■ 試験実施会場

■ 合格ライン・合格発表

■ 受験対策

■ 問い合わせ先

MOS公式サイト






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP