トップページパソコン・IT系の資格 ≫ ソフトウェア開発技術者



■■ ソフトウェア開発技術者 ■■

ソフトウェア開発技術者は、独立行政法人情報処理推進機構が主催する、内部設計書・プログラム設計書を作成する技術やソフトウェア開発に関して、基本情報技術者を指導する知識を認定する資格試験です。





■ 受験資格

誰でも受けることができますが、情報システム開発プロジェクトにおいて、内部設計書・プログラム設計書を作成し、効果的なプログラムの開発を行い、単体テスト・結合テストまでの一連のプロセスを担当する者となっています。

■ 資格試験の内容

情報システム開発におけるソフトウェア開発技術者として、外部仕様に基づいて内部設計・プログラム設計・プログラム開発を行い、高品質なソフトウェアを開発するため、次の知識・能力が要求される。
(1)ネットワーク、データベース、システム構成などの情報技術に関する全般的な知識をもち、上位技術者の指導のもとに情報システムの設計ができる。
(2)内部設計書・プログラム設計書を作成できる。
(3)プログラミングに必要な高度の論理的思考をもつ。
(4)ネットワーク、データベースなどに関する実装技術をもつ。
(5)一つ以上のプログラム言語の仕様を熟知しており、その言語の特徴を利用して効果的なプログラムの開発ができるとともに、基本情報技術者を指導できる。
(6)プログラムのテスト手法を熟知しており、単体テスト・結合テストの計画と管理が行え、テストの実施についてはプログラム開発要員を指導できる。

午前
多岐選択式で解答。試験時間は2時間30分。80問出題され、全問解答しなければなりません。
内容としてはコンピュータサイエンスに関する事項が多く、問題のレベルも高いようです。

午後I
記述式で解答。試験時間は2時間。6問出題され、全問解答しなければなりません。

午後II
記述式で解答。試験時間は1時間。1問出題され、解答しなければなりません。例年、SQLかアルゴリズムに関した複雑な問題が出題されています。

■ 資格合格率

■ 資格試験日

春:4月の第3日曜日
秋:10月の第3日曜日

■ 受験料

5,100円(税込み)

■ 試験実施会場

全国の主要都市

■ 合格ライン・合格発表

■ 受験対策



■ 問い合わせ先

独立行政法人 情報処理推進機構






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP